GMSと大垣共立銀行、MCCSを活用した新型マイカーローンの取り扱いを開始

Global Mobility Service株式会社(以下、GMS)と株式会社 大垣共立銀行は、FinTechを活用した新型マイカーローン「<頑張る人応援ローン>マイカーローンX」の取り扱いを本日から開始した。

同ローンは、真面目に働くために自動車が必要であるにも関わらず、これまで様々な理由から金融サービスを受けることができなかった顧客に対し、MCCSを利用したローンである。MCCSとは、Mobility-Cloud Connecting Systemの略称で、自動車の位置情報を特定し、安全に自動車のエンジン遠隔起動制御を行うことができるシステムである。

同ローンでは、支払いの延滞をするなど、同契約の各条項に1つでも違反した場合には、MCCSの遠隔操作によって、顧客の車両エンジンの起動停止手続きが行われる。なお、エンジン起動停止になった場合でも、支払いを行うことでエンジンを再起動することが可能になる。

<頑張る人応援ローン>マイカーローンXの概要は以下の通り。

  • 融資金額 10万円以上200万円以下(1万円単位)
  • 融資期間 6ヵ月以上7年以内(6ヵ月単位)
  • 融資利率 年12%(固定金利・保証料込み)
Previous

カルモア、臭気の常時監視ができる定点式におい観測システム「LIMOS」発売

高輪ゲートウェイ駅において、無人で決済できる店舗が登場 ー店舗名はTOUCH TO GO

Next