みずほ銀行、AIを活用したネット住宅ローンの簡単診断をスタート

昨今、住宅ローンは、顧客の幅広いニーズや複雑な案件に適応する中で、それに比例して審査工程も複雑化し、審査担当者には高いスキルが必要になっている。また、都心部を中心に中古物件の需要が高まっており、中古物件は新築物件と比べて短期間での借り入れが必要な場合が多く、よりスピーディーな審査のニーズが高まっている。

一般的なインターネットで取り扱う住宅ローンでは、正式審査の前に事前審査の申込が必要な場合が多く、その事前審査の結果が出るまでに通常2~3日程度かかっていた。これにより、申し込んだ銀行での事前審査が通らなかった場合、他の銀行に改めて申し込みをすることになるため、借入先が決まるまでさらに多くの日数がかかることもあった。

このような中、株式会社みずほ銀行はみずほ第一フィナンシャルテクノロジー株式会社と、AIを駆使して住宅ローン審査業務のスピードアップを目指して、2018年10月から実証実験を行ってきた。

そして、本日より、AIを活用したネット住宅ローンの簡単診断「みずほAI事前診断」を開始した。同サービスでは、住宅ローンの借入についての簡単な情報を入力すると、正式審査の申し込み前に、入力した条件で正式審査を通過する確率を、登録から最短1分で診断できる。物件が決まっていない場合でも、みずほ銀行の口座を持っていない場合でも診断することが可能だ。

入力情報は、検討段階での入力負担の軽減を目的に、従来の事前審査に比べて入力項目を約60%減らしており、同じ条件の場合、人による審査の結果とほぼ同等の診断結果が出せるように審査モデルを確立することで、高精度のシミュレーションを可能にしている。

Previous

IoT人気記事ランキング|IoTデバイスのバッテリー寿命最適化など[3/16-3/22]

NTTレゾナント、電灯のON/OFF情報で家族を見守るgooのIoTサービス「goo of thingsでんきゅう」発売

Next