シャープ製5Gモバイルルーター、KDDIから法人向けに発売

シャープ株式会社は、5Gに対応したモバイルルーター「Speed Wi-Fi 5G X01」を商品化し、KDDI株式会社および沖縄セルラー電話株式会社より法人向けに3月27日から発売開始する予定だと発表した。

同製品は、5Gの電波帯である「Sub6(6GHz未満の周波数帯)」と「ミリ波(28GHz帯などの高周波数帯)」の両方に対応し、指向性の強いミリ波の受信感度を高めるために方向の異なる3つのアンテナを搭載した。受信時は最大4.1Gbps、送信時は最大481Mbpsの超高速データ通信が可能である(※)。

また、無線LANの新規格Wi-Fi6(802.11ax)にも対応している。タブレット端末やノートパソコンなどを最大16台まで同時接続でき、複数の端末を接続した際も高速で安定的な通信が可能だ。さらに、2.5GBASE-Tのマルチギガビット有線LANポートやUSB3.0を搭載し、無線(Wi-Fi)と有線(LAN、USB)の同時使用も可能だ。

同製品は、5Gの高速・大容量通信とモバイルルーターとしての機動力を活かして、外出先での大容量ファイルの送受信や動画視聴、web会議の通信などにも使用できるほか、イベント会場や仮設事務所など、固定回線の敷設が困難な場所や一時的に高速回線が必要となるシーンでも活用可能である。

※ 通信速度はミリ波通信時の技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではない。また、2020年夏以降予定のソフトウェア更新後の数値であり、発売時点での速度は受信時最大2.8Gbps、送信時最大183Mbpsとなる。利用地域や利用端末によって最大通信速度は異なる。

Previous

PALTEK、FPGAコンピューティングプラットフォーム「M-CUBE」を受注開始

テクサーがG-DASと業務提携、ZETAとIoTセンサー可視化アプリを組み合わせたソリューションパッケージを開発・販売

Next