NTT Com、ブリヂストンと製造現場に置けるローカル5Gの共同実証実験を開始

NTTコミュニケ―ションズ株式会社(以下、NTT Com)は、株式会社ブリヂストンと合意し、ブリヂストン技術センターおよび製造工場におけるローカル5Gの実証実験を2020年6月から開始する。

同実験では、NTT Comが4.5GHz帯および28GHz帯の実験試験局免許を取得し、ブリヂストン技術センターおよび製造工場内にローカル5Gネットワークを構築する。広大な工場敷地内において通信品質実験、大容量データ送受信実験などを行うことで、将来的なセンサー類のワイヤレス化や、高精細カメラによる高スキル者の技能分析など、製造現場のDXにおけるローカル5Gの活用領域を共同で検討するという。

実験予定項目は以下の3点である。

  1. 電波伝搬試験(測定器・端末にて受信レベルを複数拠点で測定)
  2. 通信性能試験(遅延やスループット性能を複数拠点で測定)
  3. ローカル5Gを利用した各種アプリケーション試験
Previous

多言語AIチャットボット・SaaS型予約エンジンで、ホテルの顧客満足度を向上する ―tripla 鳥生氏・高橋氏インタビュー

KDDIなど、スマホIP無線を活用してマグロ養殖作業者の作業効率化と安全確保の実証実験を五島市で実施

Next