KDDIなど、スマホIP無線を活用してマグロ養殖作業者の作業効率化と安全確保の実証実験を五島市で実施

長崎県五島市のマグロを養殖するいけすでは、海風の音や、船の機械音により、作業者同士のコミュニケーションが取りづらい環境となっている。また、作業者は手袋をして作業しており、電話などによる通話も困難であるため、必要な情報の連携をリアルタイムに行えないという課題がある。

管理者は作業者の居場所も把握できず、有事の際も、連絡網によるリレー形式で伝達するなど、迅速に情報を伝えることができないため、円滑に情報連携を行うことができる手段の確保が期待されている。

そこで、五島市とKDDI株式会社は、2019年2月に、ICT/IoTをはじめとする双方の資源を有効に使って地域活性化を図ることを目的とした協定を締結した。

そして、同協定の取り組みの一環として、2019年8月5日から2020年3月25日までの間、五島市とKDDI、株式会社サイエンスアーツは、株式会社ツナドリーム五島の協力のもと、五島市のマグロ養殖現場で、ICT/IoTを使った五島市のマグロ養殖現場作業者の円滑なコミュニケーションによる作業効率化と安全確保を目的に、スマホIP無線を活用した実証実験を実施した。

同実証実験では、スマートフォンに触れることなくハンズフリーで通話ができ、位置情報などのデータ連携も可能なサイエンスアーツ製のスマホIP無線「Buddycom(バディコム)」を作業者に配備し、以下のことを確認した。

  • 作業者への一斉情報伝達
  • 数十メートル離れた作業者との会話
  • マップを活用した作業者の居場所把握
  • 海風の音や船の機械音などの騒音のなかでの着信把握と会話
  • 会話をテキスト化して履歴を確認

KDDIなど、スマホIP無線を活用してマグロ養殖作業者の作業効率化と安全確保の実証実験を五島市で実施

同実証実験の成果を踏まえて、今後は作業者の避難訓練の際、避難指示にBuddycomを使用し、避難指示から参集までの時間が短縮可能か検証を行う予定だ。

Previous

NTT Com、ブリヂストンと製造現場に置けるローカル5Gの共同実証実験を開始

三菱電機、生産現場の改善活動を効率化する「生産ライン改善支援技術」を開発

Next