シャープと清水建設、3眼カメラ配筋検査システムを開発

シャープ株式会社は、清水建設株式会社と共同で、建設現場での配筋検査の省力化を実現する3眼カメラ配筋検査システムを開発した。

配筋検査は、コンクリート構造物の構築において、鉄筋が正しく配置されていることを確認する品質管理業務の一つだ。

構造物の強度や耐久性に関連する重要なプロセスである一方、準備から検査、報告書作成まで非常に多くの時間と労力を要することが、昨今の労働力不足の中で課題となっている。

同システムは、3つのカメラで対象範囲の鉄筋の配置状況を3方向から撮影することで、縦・横・奥行きの3次元情報を取得。その3次元撮影データを、当社が推進する「8Kエコシステム」関連技術を発展させた独自の画像解析アルゴリズムで抽出・分析し、検査結果を7秒程度(※)で表示する。

また、その結果を検査帳票として使用できるデータに変換し、通信回線を介して遠く離れた場所と共有できる。

従来の配筋検査では、複数の作業者がスケール(業務用物差し)で対象範囲の鉄筋を計測した後、必要事項を記入した小黒板や検尺ロッドなどの道具を配置した上で、検査実施を証明する写真を撮影することから、準備から撮影完了までに一定の時間を要した。

一方、同システムでは、それらのプロセスは不要となり、1人の作業者のカメラ撮影で、計測と証明写真撮影ができるため、検査工程が省人化・省力化される。

また、複数の撮影画像が自動で合成されるため、従来の方法よりも、短時間で広範囲の検査をすることができるという。

同システムは、分析データを帳票用データに変換することが出来るため、検査後の報告書作成の手間を軽減することができる。

同システムは2019年3月より実施してきた有用性の検証を経て、今後、清水建設による自主検査に展開される予定だ。

※ 検査対象範囲により、必要な時間は変化する。

Previous

富士通、商用のローカル5Gの運用を開始

ビジョナリーホールディングス、メガネ型ウェアラブル端末「b.g.」を活用した遠隔研修を実施

Next