アドバンテック、エッジコンピューターとGPUモジュールが5Gパトロールロボットに採用

中国でIoTの商品やサービスを提供する大手企業であるGuangzhou Gosuncn Robot Co.,Ltd は、新型コロナウイルス感染症の発生に伴い新しい5Gパトロールロボットを開発した。

警察官が疾病予防検査のために人手で体温測定を行うと、潜在的な健康リスクにさらされることになる。

こうした問題点を解決するため、高解像度カメラ5台と赤外線温度計を装備している。これにより、半径5mの範囲で10人の体温を同時に計測することができる。高熱を発している人やマスクを着用していない人を検知した場合、関係当局に瞬時に通知が行われる。

取得した全ての情報データは、集中制御センターに送信され、リアルタイムで状況を確認し対策への意思決定することが可能だという。

また、ロボットは自動運転の他に遠隔操作も可能であり、人間によるパトロールの負担を軽減し交差感染を防止することで、人的リソースを削減することができる。すでに広州、上海、西安、貴陽の各都市の空港やショッピングモールなどで導入が進んでいるそうだ。

この5Gパトロールロボットには、アドバンテック株式会社の産業用エッジコンピューターとGPUモジュールが搭載されている。産業用エッジコンピューターMIC-770とGPUモジュールMIC-75G20を組み合わせることで、高性能な計算能力を発揮し、人工知能の推論やマシンビジョンなどに適用できる。

今回のパトロールロボットでは、5G環境の中で行動センシングや対話と同様に、環境センシング、ダイナミックな意思決定、自律モーション・コントロールを実行するといったような高性能なコンピューティングが必要であり、アドバンテックのエッジコンピューターとGPUモジュールが搭載されている。

Previous

トヨタNTT連合の、GAFA対抗という誤解

KDDI、LTE-M活用のガス遠隔自動検針などを行う「KDDI ガスプラットフォームサービス」を提供開始

Next