ルネサスとマイクロソフト、デバイスからシームレスにクラウド接続可能な「AECLOUD2」キットを発売

ルネサス エレクトロニクス株式会社(以下、ルネサス)はマイクロソフトコーポレーションは、ルネサスのマイコンとマイクロプロセッサ(MPU)をベースにして、Azure RTOS、C 用 Azure IoT device SDK、IoTプラグ アンド プレイ、Azure IoT Central、Azure IoT Hubなど、マイクロソフトのAzure IoT製品を使用したチップからクラウドまでサポートするIoTソリューションを提供するため、2019年10月から協業している。

そして今回、デバイスからクラウドにシームレスに接続できる「AE-CLOUD2」キットを発売した。同製品は、2020年4月~6月からMicrosoft Azureのサポートを開始し、ルネサスとマイクロソフトの両社からオンラインで入手可能となる。また、RXのクラウド通信評価キット「Renesas RX65N Cloud Kit」は、年内にMicrosoft Azureのサポートを開始する。

ルネサスの執行役員常務兼IoT・インフラ事業本部長のSailesh Chittipeddi氏は「Renesas SynergyとRXのクラウド通信評価キットにAzure RTOSやAzure IoT製品を組み合わせることで、手軽でセキュアなエンドツーエンドのクラウド接続ソリューションを提供できるようになります」と述べている。

続けて「マイクロソフトとの協業の拡大は非常に喜ばしく、ルネサスのマイコンやマイクロプロセッサのお客様にMicrosoft Azureをお届けできることが楽しみです。今後、ルネサスのRZ MPU上でLinuxを用いてAzure IoT Edgeランタイムをサポートするソリューションも提供していきます」と述べた。

Previous

総務省、「高専ワイヤレスIoTコンテスト2020」に係る提案を公募

プラススタイル、LTEモジュール搭載でWi-Fi設定不要なIoT電球「HelloLight」を発売

Next