トヨタコネクティッドとNTTデータ、モビリティサービス事業領域における業務提携を開始

自動車業界では、市場ニーズの多様化やMaaSやCASEといった新たな領域の進展により、IoT技術を活用した異業種の参入やライドシェア・カーシェアをはじめとする新たなサービスが誕生し、クルマの価値そのものが変化しつつある。一方、情報通信業界では、クラウドサービス、ビッグデータ、AI等の技術の急速な進展により、新しいデジタルサービスが登場しており、それらの技術の活用可否が自社の事業拡大により直接的な影響を与える時代となりつつある。

このような時代変化の中、トヨタ自動車は2016年末に「コネクティッド戦略」を発表し、MaaSへの取り組みを加速するため、提供するすべてのクルマをコネクティッド化すると同時に、MaaS戦略を支える情報プラットフォーム「モビリティサービス・プラットフォーム」(以下、MSPF)の展開を推進している。

トヨタコネクティッド株式会社は、そのMSPFの開発とコネクティッドカーより収集されるビッグデータのクラウドセンター運用業務を、日本・米国を中心に世界7地域で取り組んでいる。一方、株式会社NTTデータは、世界50以上の国と地域において、デジタルを活用した市場の創出、サービスの提供に取り組んでる。

そしてこのほど、MSPFのさらなる機能・サービスの拡張、コネクティッドカー展開国拡大に向け、より一層のソフトウエア開発力および、運用体制の拡充を目的として業務提携を開始した。

具体的には、トヨタコネクティッドが培ったコネクティッドカー向けサービス事業の経験や、国内外で展開するカーシェア等のサービス開発・運用ノウハウと、NTTデータのグローバル規模でのITリソースや、クラウド・ビッグデータ等のテクノロジー活用ノウハウを掛け合わせると同時にMSPFを始めとするモビリティサービス事業領域での協同開発と人財交流を通じてグローバルでの開発・運用力の強化と、高度化を図る。

また、中期的には、トヨタコネクティッドの持つ顧客接点と、NTTデータの流通・小売・金融業界などの顧客基盤を両社で相互に活用することで、スマートシティ構想も視野に入れたMSPFのサービス力強化と、グローバル規模でのプラットフォーム事業の拡大を推進し、両社連携によるシナジー効果の最大化を目指す。

Previous

souco、物流施設シェアサービスを三井不動産の物流施設へ提供開始

白山工業、地震時に複数の建物の被害状況を一元管理できる「IoT地震観測サービス」を提供開始

Next