ぷらっとホーム、設定不要でテレワーク環境が構築可能なアプライアンス製品を発売

昨今、新型コロナウィルス蔓延の影響により、多くの企業がテレワークへの移行が急務となっている。しかし、社内の業務システムなど社外からアクセスできないものも多く、テレワークへの移行に苦慮されているケースが多く見受けられる。また、短期間で従業員一人一人にテレワーク環境を構築し、設定方法を説明するなど、管理者の負荷も見過ごすことはできない。

ぷらっとホーム株式会社は、ネットワーク・アプライアンス製品シリーズ「EasyBlocks」の新ラインナップ、「EasyBlocks Remote Office」を発表した。出荷は2020年4月下旬を予定している。

同製品は、会社と自宅に置くことでテレワーク環境が構築できるアプライアンス製品だ。コンパクトサイズの「親機」、手のひらサイズの「子機」から構成され、親機は会社のネットワークに、子機は自宅のインターネット回線とパソコンにつなぐことにより、社内のネットワークにアクセスできるようになる。主な特長は以下の通り。

  • 社内に入れる親機・子機の導入やメンテナンスも容易
  • 親機は専用のWeb UIにより、難しいコマンドやプログラムなしでブラウザから機器の各種設定作業ができ、専任のIT担当者が居ない少人数企業でも運用できる。子機は販売時に設定内容を聴取し、ぷらっとホームにて子機1台1台に設定を施し出荷する為、設置するだけでのリモート環境が実現する。それにより、各社員のネットワーク設定やその連絡なども不要となる為、管理者の負担を削減できる。

  • リモート管理機能「AirManage2」が付属
  • 親機の設定変更・アップデート指示等を遠隔地から実行できる。また、設定変更時にAirManage2(クラウド)上に3世代前までの設定が自動でバックアップされるため、問題発生時などの設定復元を迅速に行うことができるほか、https通信及びSSHトンネリング技術で実行されるため、セキュアな通信環境を実現する。

  • サポート用ログ出力機能
  • 万が一トラブルが起きた際、問題切り分けに必要な情報を手間なく一括出力するサポート用ログ出力機能を搭載している。ぷらっとホームのサポート担当へログを提出する事で、迅速な原因特定・復旧を支援する。

  • コンパクトで堅牢なハードウェアを採用
  • 親機・子機ともに冷却ファンの排除や内蔵ストレージにSSDを採用することにより、可動部品のないファンレス構造を実現した。ハードウェア故障を起因とするサービス停止の可能性を排除し、可用性の高いネットワークを構築できる。子機は手のひらサイズ、親機でも縦横各20cm以下のコンパクト設計だ。急な場合でも会社・自宅ともに特別な設置場所を考慮せずに導入することができる。

  • ログダウンロード機能により、動作状態の確認が容易に可能

ぷらっとホーム、設定不要でテレワーク環境が構築可能なアプライアンス製品を発売

Previous

日立、Lumadaのグローバル展開に向けてFusionexのAI・データアナリティクスのSaaS事業を取得

日本CTO協会、高成長するデジタル企業は2つのDX「経営のデジタル化」「開発者体験」を重視していると発表

Next