ジグソーが欧州ARテクノロジーカンパニーのKudan株式会社への戦略的出資と共同世界展開へ

ジグソー株式会社は、平成27年6月開催の取締役会において、「Kudan Limited」(英国Bristol)が設立した日本法人「Kudan株式会社」が平成27年7月実施予定の第三者割当増資により発行する普通株式を引き受けることを決議した。

また同時に欧州と北米に拠点を持ちFord, Audi, DHL, BBC, Dyson, Nestle, eBay等の主要顧客において多数の実績を保有するKudan Limitedとの共同の世界展開も同時にスタートする。

「Kudan Limited」は、世界唯一のAR Engineをリリースしており、世界の中でもAR(Augmented Reality:拡張現実)先進エリアであるユーロ圏におけるAR Engine事業において抜群の実績と数々の受賞歴を有する企業である。

なお、この度の出資によりジグソーは
1.IoT領域におけるARの活用及び自動操縦・自動運転のコア技術である自動画像認識分野における技術共同開発。
2.IoT-OSとの連動によるグローバルクラウドインフラ連携、ビジネスフィールド拡大に伴う海外市場への進出。
3.セキュアOSの開発。
を推進し当社事業との大きなシナジーを見込んでいる。

加えて、欧州及び北米において豊富な実績を保有するKudan社への出資は、ジグソーが進める世界展開の一環でもある。KudanのAR エンジンサービスのメイン顧客・マーケットは全て欧州、北米にあり、ジグソーのA&AサービスもKudan同様に国やリージョンを跨いだグローバルサービスへと進化していく予定だ。

ジグソーは今後も有望な技術や事業及びマーケットを保有する国内外の様々な企業への戦略的投資や事業提携を積極的に推進し、IoTの拡大により爆発的に広がるインターネットがつながる世界(デジタルユニバース)を支えるNO.1企業として世の中の革新に対応するとともに今後の事業拡大により一層努めていく。

なお、すでに「Kudan Limited」(英国Bristol)とジグソーとの間ではパートナー契約が締結されており、IoTセンシング、IoTビッグデータアナライズ及び下記の通りの各種共同研究を開始している。
― IoT領域の軸になる自動操縦・自動運転分野及びロボット・人工知能分野における共同研究
― ARのセンシング機能を通じて取得するIoTビッグデータのマネジメント及びARテクノロジーの導入
― ウェアラブルを対象とした、医療分野におけるオペサポート、工場や各種センターにおけるワークサポート分野における共同研究

【Kudan株式会社について】
設立:2014年
所在地:東京都新宿区
代表者:代表取締役 大野 智弘
事業内容:AR技術及びARエンジン、スマートデバイス向けARプラットフォームの運営

【Kudan Limitedについて】www.kudan.eu/
Kudan is a market leading Augmented Reality Engine Company. We create award winning Augmented Reality Apps and support our clients’ understanding of this exciting new technology, supported by our four years of track record in the industry.
Kudanは英国に拠点を持つ、IoT:モバイル拡張現実(AR)技術のリーディングカンパニーであり、特に欧州ではユニークなARエンジン技術会社として知られており数々の受賞をしている。独自の先進的なAR技術およびARエンジン、スマートデバイス向けARプラットフォームの運営などを一貫して提供している。
受賞歴:Moma Awards, The Webby Awardsなど
クライアント実績:Ford, Audi, DHL, BBC, Dyson, Nestle, eBayなど

【ジグソー株式会社について】https://www.jig-saw.com/
ジグソー株式会社はIoTビックデータを活用した自動運用(オートパイロット)サービスと、人工知能およびロボット型ソフトウエアをベースとした自動制御システムをクラウド提供。そのほかにも、システム監視、障害対応からシステム運用全般までトータルサポートなどを行っている国内唯一の次世代総合システム運用カンパニー。

Previous

国立研究開発法人NEDOが展開する世界のスマートシティ

インダストリアル・インターネット・コンソーシアムがリファレンス・アーキテクチャーを発表

Next