BEMACとエッジテクノロジー、AIを活用して船舶の安全と運用コストを削減する実証実験を開始

BEMAC株式会社は、海事都市である今治市で1956年に設立した船用主配電盤・監視盤メーカーである。日本の海事産業が持つ「顧客ニーズへの対応能力」と「技術の多様性」という優位性を活かすため、MaSSA(The Maintenance system for Soundness Sailing Ability)というコンセプトの基、船舶が健全に運航し続けられるシステムの構築に取り組んでいる。

一方、エッジテクノロジー株式会社は、2014年に設立したAIソリューションカンパニーである。AIの実証実験からデータ分析チームの育成・内製化まで、AI実装に係る顧客の課題にあわせてカスタマイズしたソリューションを提供している。今年の3月には一般社団法人日本ディープラーニング協会に正会員として参画し、AIガバナンスに強みを持ったAIプラットフォーム「Edge Algo Platform」でAIの社会実装の実現に貢献していく。

そして今般、BEMACとエッジテクノロジーは海事産業におけるAI活用を目的とした実証実験を開始することに合意した。これにより、エッジテクノロジーはBEMACが目指すMaSSA構想を実現するための協創パートナーとして、船舶の航行中に収集した時系列データの異常検知を敵対的生成ネットワーク(GAN)で実現するなど、船舶の安全と運用コスト削減を目指したAI開発を支援していく。

Previous

ウェルモなど、「電力、センサー情報を用いた居宅内モニタリングシステム」の実証実験を福岡市で開始

オプテックス、ワイヤレスセンサーで駐車場の利用状況を管理する「ViiK Parking System」を歯科医院に提供

Next