IDC、2019年~2024年の国内ネットワーク仮想化・自動化市場の年間平均成長率は8.2%で拡大と予測

企業:

IDC Japan 株式会社は、SDN(Software-Defined Network)に代表される国内ネットワーク仮想化/自動化市場と国内NFV(Network Functions Virtualization)市場に関する予測を発表した。これによると、データセンターと企業ネットワーク向けを合計した国内ネットワーク仮想化/自動化市場は、2019年の572億円市場から、2024年にかけて年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)8.2%で拡大を続けることが明らかとなった。

適用場所別で見ると、データセンターネットワークの仮想化/自動化市場は、安定した成長市場に変貌を遂げた。2010年代前半にネットワークにイノベーションをもたらす技術として注目されたが、現在ではデータセンターネットワーク構築に有効な手段の一つと広く認知されている。安定成長市場にふさわしく、前年の20.9%からやや減速しているものの2019年の同市場の成長率は16.3%と二桁成長を続けている。

今後もデータセンタープラットフォームおよびデータセンターネットワークの構築、運用における有用な手法としての役割を担いながら、新規と既存ユーザー双方からの需要によって、国内データセンターネットワーク仮想化/自動化市場は、2019年~2024年のCAGR 9.5%で成長を続けると予測している。

また、企業ネットワークにおける仮想化/自動化市場は、2018年に、より現実的な課題解決と、一方では将来のネットワークの自動運転を見据えた仮想化/自動化を実現する市場へと舵を切った。2019年は、そうした市場の転換点を乗り越えて安定した成長軌道に乗りつつあり、前年比成長率は前年からは低下したものの8.7%と成長市場らしい伸びを見せた。

今後も企業ネットワーク仮想化/自動化市場は、2019年と同水準の成長を続け、2019年~2024年のCAGRで7.1%と堅調に拡大するとみている。

通信事業者ネットワークにおけるネットワーク機能の仮想化市場である国内NFV市場は、2018年までの停滞を打ち破り、2019年は前年比成長率169.5%で659億円に急伸した。5Gのアーキテクチャを先取りした楽天モバイルのコアおよびRAN(Radio Access Network)への投資が、一つの起爆剤になったとIDCではみている。

今後は楽天モバイルを含む国内MNO(Mobile Network Operator)による5G向け投資が本格化し、5G CoreおよびvRAN(virtual Radio Access Network)の展開によって国内NFV市場はもう一段高いレベルに引き上がると予測している。同市場は、2019年~2024年のCAGR 16.0%で成長を続け、2024年には市場規模は1,384億円に達するとみている

IDC Japan コミュニケーションズ グループマネージャーの草野賢一氏は「データセンターネットワーク仮想化/自動化ベンダーは、既存顧客維持と新規ユーザー獲得のいずれに対しても、マルチクラウドネットワーク仮想化ソリューションを戦術の中心に据えるべきである」と述べている。

続けて「オンプレミスのような自由が利かないパブリッククラウド環境で、しかもネットワーク管理方法の異なる複数のサービスを利用する際には、統合的な管理手段としてのマルチクラウドネットワーク仮想化ソリューションの有用性は大いに訴求できる」と述べた。

Previous

IoT人気記事ランキング|ヤマザキマザック インタビューなど[4/6-4/12]

ウェルモなど、「電力、センサー情報を用いた居宅内モニタリングシステム」の実証実験を福岡市で開始

Next