エコモット、AI顔認識とサーモグラフィーにより最大16人を検温可能なソリューション「サーモロイド Pro」を提供開始

政府による「新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言」発出を受け、対象地域住民は不要不急の外出を控え人との接触を避ける必要がある一方で、交通機関やスーパーマーケットなどの生活インフラについては、通常通りの営業・運行を維持することが求められている。

そのような中、エコモット株式会社はAI・IoT技術を活用したサーモグラフィーソリューション「サーモロイド」シリーズを展開しており、社会インフラ維持のための検温によるスクリーニングが必要な際に、精度やコスト、設置状況などの諸条件に対応できる選択肢を提供している。

その第一弾として、AI顔認識とサーモグラフィーカメラにより最大16人の体温を同時測定するスクリーニングソリューション「サーモロイド Pro」の提供を開始した。現在、同ソリューションは新千歳空港 国内線ターミナル到着ロビーゲートに導入され、到着した乗客のスクリーニングに利用されている。

エコモット、AI顔認識とサーモグラフィーにより最大16人を検温可能なソリューション「サーモロイド Pro」を提供開始
新千歳空港への設置状況

同ソリューションの主な特長は以下の通り。

  • 最大16人の体温を同時に測定可能
  • 撮影画像に写りこんだ顔をAIが自動認識し、対象座標の温度を抽出する。これにより最大16人の検温を同時に行うことができる。

    エコモット、AI顔認識とサーモグラフィーにより最大16人を検温可能なソリューション「サーモロイド Pro」を提供開始
    多人数体温測定
  • 自動補正可能な温度検出
  • 恒温発熱体をサーモグラフィーカメラで同時に撮影することで、自動でキャリブレーション(補正)を行う。外気温や風の影響を和らげ、±0.3℃の誤差で実現する。エコモット、AI顔認識とサーモグラフィーにより最大16人を検温可能なソリューション「サーモロイド Pro」を提供開始

  • 閾値とアラートはカスタマイズ可能
  • 「37.5℃以上の体温を検知時、音・ライトで通知」といったアラートの設定が可能だ。閾値やアラートの方法は、状況に合わせて任意で変更することができる。

    エコモット、AI顔認識とサーモグラフィーにより最大16人を検温可能なソリューション「サーモロイド Pro」を提供開始
    2眼サーモカメラ(閾値やアラート設定可能)
  • 複数台の同ソリューションをリアルタイムモニタリング可能(オプション)
  • IoTゲートウェイデバイス「TSX-100」と連携することで、LTE通信を使った遠隔モニタリングが可能だ。複数の同ソリューションを同時にモニタリングすることで、大規模施設利用時も適切な管理体制をとることができる。

    エコモット、AI顔認識とサーモグラフィーにより最大16人を検温可能なソリューション「サーモロイド Pro」を提供開始
    ゲートウェイデバイスTSX-100

なお、同ソリューションの価格は2,650,000円(税抜)である。

Previous

総務省、「Beyond 5G推進戦略骨子」に対する意見を募集

富士通と海上保安庁、AIを活用した船舶の衝突リスク予測技術の実証実験を実施

Next