NVIDIAのVRテクノロジを、ゲーム・エンジン、ヘッドセット、アプリケーションの主要開発企業が採用

NVIDIAのVRWorks™は、優れたVRパフォーマンスを実現するための大きな壁を開発者たちが突破しようとする中、業界全体で採用が拡がりつつある。

NVIDIAのVRWorksは、VRをPC上で動かしたいという大きな要求に応えるため開発された。VRをPCで動かすには、一般的なPCゲーム1の7倍のGPUパフォーマンスが必要で、レイテンシは20ミリ秒未満に抑える必要がある。VRエクスペリエンスで物理的な不快さを感じるのを避けるためには、パフォーマンスとレイテンシの目標が満たされていることが重要だ。

 

NVIDIA VRWorksは、API、ライブラリ、機能の包括的なセットを提供するソフトウェア開発キット(SDK)であり、ヘッドセットおよびゲームの開発者は、卓越したVRエクスペリエンスの提供が可能になる。このSDKにより、開発者は、VRアプリやVRデバイスを開発する際、最高のパフォーマンス、最小のレイテンシ、プラグアンドプレイの互換性を容易に実現できる。

 

NVIDIAは、次の各パートナーがNVIDIA VRWorksの機能を現在統合していると発表した。

・ゲーム・エンジンの主要メーカー:Epic、Max Play、Unity

・VRヘッドセットのトップ・メーカー:HTC、Oculus

・最先端のVPアプリケーション開発企業:「Everest VR」のSólfar Studios、「The Lab」のValve Software、「Star Wars Trials on Tatooine」のILMxLAB、「Thunderbird: The Legend Begins」のInnerVision Games

 

【関連リンク】
エヌビディア(NVIDIA)
エピックゲームズ(Epic Games)
Max Play
ユニティテクノロジーズ(Unity Technologies)
エイチ・ティー・シー(HTC/宏達國際電子股份)
オキュラス(Oculus)
Sólfar Studios
バルブ(Valve)
ILMxLAB
InnerVision Games

Previous

ソフトバンク、8社と協業し「スマートホーム」「コネクテッド・ビークル」「デジタルマーケティング」分野でテストマーケティングを実施

風車、道路、工場・・・様々なIoTに取り組む ウフル 杉山氏、永井氏インタビュー

Next