ギークプラス、商品を方面別に自動で仕分けて出荷口まで搬送するソーティングロボットを提供開始

株式会社ギークプラスは、商品を方面別に自動で仕分けて出荷口まで搬送するソーティングロボット「EVE S20T」及び「EVE S20C」を2020年7月より提供開始する。

ソーターやコンベアのような固定設備に比べて、同製品は物流の波動、倉庫新設などによる物量増加に合わせて処理能力、エリア拡張などに対応できる。また、拠点の統廃合の際も、ロボットの移動が可能だ。ロボット導入により仕分けだけでなく、出荷口までの搬送も全て自動化する。

同製品を通じ、急成長中のEC向けにニーズが拡大している宅配便や路線便の仕分けに貢献できる。同時に、従来のピッキングソリューションと組み合わせることで、倉庫内の入荷から出荷までのトータル自動化ソリューションを提供し、顧客の様々な導入ニーズに対応可能とした。

同製品のスペックは以下の通り。
ギークプラス、商品を方面別に自動で仕分けて出荷口まで搬送するソーティングロボットを提供開始

ソーティングシステム紹介動画
Previous

UNOPSとソニーがイノベーション領域で協業、SDGsに取り組むスタートアップを支援

WCP・ソフトバンク・日本信号、5Gを活用して交差点からの危険情報を遠隔運転車両へ提供する実証実験を実施

Next