凸版印刷とAWL、AIカメラで入場者のマスク装着/未装着を自動判定する感染症拡大抑止サービスの実証実験を開始

新型コロナウイルス感染症の拡大により、人々の健康や暮らしを支えるために自宅外で働くエッセンシャルワーカーの感染拡大が世界的に問題となっている。

このような問題に対して、凸版印刷株式会社とAIカメラソリューションを展開するAWL株式会社は、従業員や関係者が安心して働くことのできる環境整備を実現するべく、AIカメラを活用した画像解析による感染症拡大抑止サービスの実証実験を開始した。

実証実験の第1弾として、オフィス入館時のマスク装着/未装着を自動で判定し、未装着の場合は受付にアラートを表示する「マスク装着検出・アラート表示」の実証を実施した。これにより、入館時のマスク装着徹底を効率的に行うことができる。

実証実験の概要は以下の通り。

  • 実証実験期間:2020年4月24日~同年5月7日
  • 場所:トッパン小石川ビル 従業員通用口
  • 対象:トッパン小石川ビスに入館する従業員および関係者
  • 実証実験後の展開
    1. 実証実験の継続(下記ソリューションの開発・実証を予定)
      • 従業員通用口での発熱検知
      • 任意の場所における密集度計測
      • 任意の特定場所の混雑状況の把握
      • 人物間距離の計測
      • 人物同士の接触回数計測
      • アルコール消毒実施の検知
    2. 第1弾実施「マスク装着・アラート表示」の外販

凸版印刷は、同実証で得られた知見をもとに、AIカメラを活用した感染症拡大抑止サービスをさまざまな企業や団体へ向けて、2020年5月を目標に提供を開始する。また、サーモグラフィー活用した発熱者検出や、人物間距離計測による密集検知・予測など、サービスをアップデートすることで、安全安心な労働環境整備、および感染症拡大抑止を支援する。

Previous

NSWがスマートグラスを活用した遠隔支援サービスを開始、データセンター運用の省人化を実現

総務省、2020年度「地域課題解決型ローカル5G等の実現に向けた開発実証」 に係る提案募集の実施結果及び実証課題を公表

Next