スマートドライブとロイヤリティ マーケティング、ポイントサービスの移動データを活用した実証実験を2020年5月に開始

株式会社ロイヤリティ マーケティングと株式会社スマートドライブは、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」におけるユーザーの移動データを活用した実証実験を、2020年5月に開始する。

同実証実験は、ロイヤリティ マーケティングがスマートドライブの「Mobility Data Platform」の提供を得て行う。

Ponta会員のうち、実証実験におけるデータ利活用について同意した会員を参加対象モニターとし、専用デバイスを配布する。ロイヤリティ マーケティングは自動車にセットされたデバイスを通じて収集した移動データと、Ponta提携店舗やその周辺の利用状況を掛け合わせて分析を行う。分析された結果を通じて、会員の興味や関心に寄り添うサービス開発など、新たな事業・サービスの創出を目指すとしている。

Previous

NTTデータとJSOL、栽培実績データから農作物の出荷予測モデルを設計するコンサルティングサービスを提供

IDC、世界のIT支出は減少に向かうがITベンダーの商機も一部にあると予測

Next