日立・日立ビルシステム、非接触の移動や生活を行うためのビル・マンション向けタッチレスソリューションを体系化

株式会社日立製作所(以下、日立)と株式会社日立ビルシステムは、ビルやマンションなどにおいて、建物内の非接触での移動・生活を実現するタッチレスソリューションを体系化した。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、日立グループでは、顧客やパートナー企業、グループで働く従業員やその家族といった、すべてのステークホルダーの安全・健康を考え、感染拡大防止に向けた施策に取り組んでいる。ビル分野においては、エレベーターなどのビル設備利用時の感染リスク低減に向けて、利用時の感染防止対策や消毒・清掃対応に関して周知を図るとともに、技術的な対策について検討を進めてきた。

そしてこのほど、日立と日立ビルシステムは、新たに開発した画像解析サービスをはじめとする製品・サービスをタッチレスソリューションとして体系化を行った。

ビル・マンション向けタッチレスソリューションの概要

画像解析サービスやハンズフリータグによる非接触での建物内移動

新たに開発した防犯カメラなどで顔認証を行う画像解析サービス(5月提供予定。一部機能は現在開発中)や、ハンズフリータグ(携帯しているだけで入退出ができるタグ)の活用により、建物エントランスの自動ドアやセキュリティゲートの通過、エレベーターの呼び出しや行先階の登録、入退室管理システムの開錠などを非接触で行う。

また、画像解析サービスの人流解析機能により、エレベーターホールに向かう人数や混雑状況を把握し、流予測型エレベーター運行管理システム「FI-700」(5月18より提供予定)と連動させることにより、エレベーターの待ち時間や、出勤時間帯などの混雑の軽減を見込んでいる。

コミュニケーションロボット「EMIEW」による対面業務の代替

ヒューマノイド型のコミュニケーションロボット「EMIEW4(エミューフォー)」と、タブレット端末と専用クレードルで「EMIEW」のアバター(分身)と会話する卓上型ロボット「EMIEW-TT(エミューティーティー)」を利用して、受付・案内・巡回監視などのビル内業務を一部代替する。

(左)「EMIEW4」(右)「EMIEW-TT」
(左)「EMIEW4」(右)「EMIEW-TT」

病院、福祉施設では、「EMIEW-TT」が来訪者を検出し、音声案内および画面情報で簡易的な問診を実施、「EMIEW4」が来訪者を誘導して案内するといったサービスによって、対面業務における感染リスクと業務負担の軽減を見込んでいる。

Previous

ABB、RobotStudioにスカラロボットをPCから制御できるようにする機能拡張を実施

バカン、店舗の混雑状況や待ち人数をリアルタイムに確認できるサービス「VACAN」を提供開始

Next