総務省、2019年度「高専ワイヤレスIoT技術実証コンテスト」総務大臣賞の受賞者を公表

総務省では、電波の有効利用を図りつつ、IoT分野における若手人材の育成及び利活用の推進を目的として「高専ワイヤレスIoT技術実証コンテスト」を開催している。

そして今般、2019年度に同コンテストで実施した10件の案件の中から、有識者による審査を経て最も優れた成果を残した案件に対し、総務大臣賞を授与した。高専ワイヤレスIoT技術実証コンテスト審査委員会(座長:森川 博之 東京大学教授)による審査の結果は以下のとおり。

総務大臣賞(最優秀賞)

  • 案件名:Wi-SUN機器と船舶基地局による離島のための災害時通信網の確立
  • チーム名:瀬戸内無線局(大島商船高等専門学校)

なお、2020年度の同コンテストは既に受付を開始しており、公募期間を5月22日までとしている。

出典:総務省ホームページ

【関連記事】
総務省、「高専ワイヤレスIoTコンテスト2020」に係る提案を公募

Previous

新型コロナウイルスがもたらすMaaSビジネスの変化―Mobility Transformation Onlineレポート1

アドインテ、IOTセンシング技術を活用した混雑状況可視化サービスの提供開始

Next