NTTとインテル、次世代コミュニケーション基盤「IOWN」の実現に向けた共同研究契約を締結

日本電信電話株式会社(以下、NTT)とインテル コーポレーション(以下、インテル)は、消費電力の大幅な削減などを実現する未来のコミュニケーション基盤「IOWN」技術の共創を目的に2023年4月までの共同研究契約を締結した。

両社の提携は、研究開発における戦略的協業としてNTTのフォトニクス技術、デジタル信号処理(DSP)技術、コンピューティング技術ならびにネットワーク基盤運用技術と、インテルの技術ポートフォリオ、サポート体制、ハードウェア・ソフトウェアに関する専門知識を活用し、以下の分野における共同研究を実施していく。

  1. フォトニクス/光電融合技術
  2. 光技術を従来のような長距離信号伝送だけでなく、電子回路と連携したプロセッサチップ内の信号処理部にも導入し、光電融合による新しいコンピューティング基盤を実現する。

  3. 高速分散コンピューティング
  4. 大容量・低遅延な将来の通信インフラを最大限に活用して地上、エッジ、クラウドをつなぎ、実世界からのリアルタイムデータを効率的に処理するコンピューティングインフラを実現する。

  5. オープンフレームワーク
  6. 多様化しながら加速的に進化しているAI演算デバイスを高速分散コンピューティングインフラにおいて活用するためのソフトウエアフレームワークを開発する。

同提携により両社は、スマートでコネクテッドな世界の実現に求められるデータ量の処理が可能となる技術開発に向けた研究等に取り組む。

今後、同共同研究成果を活用したスマートモビリティ、スマートインダストリ(スマートアグリカルチャ含む)、スマートエリアマネジメントのPoC、ユーザー評価を2020年度下期より開始し、IOWN構想の具現化を加速させていく。

また、同共同研究は先端フォトニクス技術、エッジ・コンピューティング、分散コネクテッド・コンピューティングなどのフォトニクス・ネットワークの全インフラストラクチャを統合して、将来のデータおよびコンピューティング要件を満たす、新しい通信インフラストラクチャの採用促進につながる取組みとして、NTT、インテル、ソニーによって設立されたIOWN Global Forumでの活用についても検討するとした。

Previous

ヤマハ発動機、生産ラインにおける不定形物も検出可能なビジョンシステム「RCXiVY2+」を発売

KDDI、5Gビジネスの開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」においてバーチャル空間を活用した体験ツアーを開始

Next