NECとNECソリューションイノベータ、保育園入園選考の業務効率化を支援するAIを活用したマッチングシステムの実証実験を実施

日本電気株式会社(以下、NEC)とNECソリューションイノベータ株式会社は、保育園入園選考の業務効率化を目的として、人とAIとの共同作業で選考業務を支援するマッチングシステムを開発し、山形市の協力のもと2019年7月から2020年2月に実証実験を行った。

保育園入園選考業務は、職員が家庭状況や細かな希望などに配慮し、複雑な判断をすることが必要とされている。山形市では、十数人で数日をかけて人手で実施していたため、業務負荷が大きく、業務効率化が課題となっていた。

同実証で用いたマッチングシステムは、選考過程や結果に至った判断根拠を可視化でき、人とAIの共同作業を実現した。

保育園入園選考では、職員が保護者からの申請書をもとに、入園を希望する保育園や家庭状況などをシステムに入力する。AIが市の定める配点基準や優先順位、きょうだいの同一保育園への入園希望など複雑な条件を組み合わせて児童に保育所を割り当てることで選考を行う。同実証の選考過程では、複雑な判断を必要とする約3%の選考を山形市の職員が確認・承認した。

その結果、従来の人手による選考結果との比較では99.3%が一致し、選考業務時間の約9割を削減できることを実証したという。

NECソリューションイノベータは同実証での実績やノウハウを活かし、「NEC 保育園AIマッチングシステム」として本年5月に製品化した。 同システムはNECの「GPRIME 福祉総合システム」とも連携が可能である。

Previous

KDDI、5Gビジネスの開発拠点「KDDI DIGITAL GATE」においてバーチャル空間を活用した体験ツアーを開始

ライナフが遠隔でスマートロック・エントランスを管理可能な「スマートブッキング」を強化、APIで物件導入を簡素化

Next