NTT東日本と飛島建設、建設業界の活性化に向けたDXの共創を開始

今後、日本における生産年齢人口の減少が予想されている中、建設分野においても、生産性向上は避けられない課題だ。国土交通省は、建設現場における生産性を向上させ、魅力ある建設現場をめざす新しい取組みであるi-Constructionを進めている。

飛島建設株式会社と東日本電信電話株式会社(以下、NTT東日本)は、地域創生、まちづくり、地域経済の発展、持続可能な社会の実現に寄与することを目的とする共創を2020年6月3日から開始した。建設業が抱える課題解決につながるICTソリューションを導入展開し、建設業界活性化に向けて、DXを用いたi-Constructionの推進を図るとしている。

DXを用いたi-Constructionの推進に積極的に取組んでいる飛島建設と、企業へのDX推進支援および光回線等のアクセスサービスや、ICTソリューションを提供するNTT東日本が連携することで、建設現場における一人一人の生産性を向上させ、建設会社の経営環境を改善を狙う。また、建設現場の安全性の確保を推進することにより、建設業界が抱える多様な課題の解決に向けた取組みを開始するという。

まず、最初の取組みとして

  • 購入のタイミングで「熱中症に気をつけてこまめに水分補給してね」などといった、作業員に安全・体調管理を呼びかける自販機Wi-Fiの導入
  • 飛島建設が開発した現場生産性向上システムの更なるサービス拡充に向けた検討及び、普及への取組み

を行うとしている。

Previous

NTTメディアサプライ、マンション向けIoTプラットフォーム「Do Home Connect」を提供開始

ぷらっとホーム、CO2で密状態を判別するキット「密ですシステム構築用センサーパッケージ」を発表

Next