シュナイダーエレクトリック、データセンター向けのITインフラ運用管理ソリューション「EcoStruxure IT Advisor」の提供を7月に開始

企業内のデータセンターや中堅のデータセンター事業者は、限られた人的リソースの中で多くのIT機器を管理しなければならない。また、そのようなIT機器の管理をスプレッドシートなどの台帳で管理しているというケースもある。

シュナイダーエレクトリックは、クラウドベースのITインフラ運用管理ソリューション「EcoStruxure IT Advisor」の提供を2020年7月20日から開始する。この「EcoStruxure IT Advisor」は、シュナイダーエレクトリックが提供するIoTプラットフォーム「EcoStruxure」アーキテクチャーの一部である。

2D/3Dのビューを作成し、フロア、ケージ、ラックを表示させることで、IT資産がどこでどのように配置、接続されているのかを一元管理できる。また、キャパシティの管理や分析を行うことで、新しい機器の導入時や移設時に設置場所を最適化する提案を行うことができるという。最適な機器配置を行うことで、不要なキャパシティや設備、コストを削減できる。

また、機器の増設や移動、廃止時にシミュレーションを行うことでビジネスインパクトやシステムダウンのリスクを軽減することができる。

「EcoStruxure IT Advisor」は、クラウドベースのサブスクリプションモデルに加え、オンプレミス環境用にソフトウェアライセンス形態でも利用できる。

Previous

2020年版ものづくり白書で注目すべき3つのポイント ―経済産業省 中野剛志氏インタビュー【前編】

IIJ、食品関連事業者向けに「IIJ LoRaWANソリューション for HACCP温度管理」を提供開始

Next