IDC、24年末までの国内コンサルティングサービス市場は企業のDX推進により年間平均成長率4.0%で拡大と予測

企業:

IDC Japan株式会社は、ビジネスおよびITコンサルティングで構成される「国内コンサルティングサービス市場」予測を発表した。これによると2019年の同市場規模は前年比7.3%増の8,217億円になったとみられ、2024年に1兆円に達するとした。

コンサルティングサービス市場の内、ビジネスコンサルティング市場は企業におけるDXへの取り組みの拡大が需要を牽引し、企業全体といった大規模な変革型案件により、2019年に前年比8.7%増と高成長を遂げた。新型コロナウィルス感染症(COVID-19)による国内経済へのマイナスの影響は、景気変動による影響を受けやすい同市場に短期的に大きく波及するとみられるが、企業のDXに関わる継続的取り組みの中で提供されるサービスは成長を維持する。

2021年以降、国内経済の回復と共にビジネスコンサルティングに対する需要は再拡大する。特に、COVID-19後の社会環境変化の多くは、企業のビジネスモデルから再定義するような大規模な変革と本質的DXへの取り組みを促進し、同市場の2019年~2024年の年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)は5.3%で、2024年に5,951億円になるとIDCでは予測している。

ビジネスコンサルティング市場の内、クラウド、アナリティクス、モビリティ、ソーシャルといった第3のプラットフォームの導入/活用、あるいは、同プラットフォームを通じて提供されるIoTやコグニティブ/AIシステム、サイバーセキュリティなどの導入/活用に関わる「デジタル関連ビジネスコンサルティング」市場は、2019年に前年比36.3%増の967億円になったとIDCではみている。

DXにおける変革範囲の拡大を通じ案件当たりの規模が拡大し、戦略や業務改善といったサービスラインを横断する形でデジタル関連ビジネスコンサルティングへの支出を拡大した。COVID-19がもたらすさまざまな社会環境の変化への対応は、企業におけるDXおよびデータ駆動型ビジネスへの転換を促進する方向に作用するとIDCではみている。同市場は2019年~2024年のCAGR 25.0%で高成長を維持し、2024年に2,950億円に達するとIDCでは予測した。

国内コンサルティングサービス市場全体では上記を背景として、2019年~2024年のCAGRは4.0%で、2024年には1兆4億円に達するとIDCでは予測している。IDC Japan ITサービス グループマネージャーの植村卓弥氏は「COVID-19後の社会環境変化の多くは、中長期的には企業のビジネスモデルから再定義するような大規模な変革、つまり本質的DXへの取り組みを促進し、ビジネスコンサルティングの需要を拡大させるであろう」と述べている。

Previous

日本ユニシス、AI需要予測に基づくクラウド型自動発注サービス「AI-Order Foresight」を提供開始

COVID-19で小売業の「強制DX」が進む ーリテールAIセミナー2020 レポート1

Next