JR貨物・JR東日本コンサルタンツ・KDDI、貨物列車の安全性向上のための「手ブレーキ検知システム」を共同開発しJR貨物が保有する全コンテナ車に導入

日本貨物鉄道株式会社(以下、JR貨物)では、貨物駅構内の作業として、列車が発車する前に担当社員がコンテナ車の手ブレーキを都度確認して手動解除している。万が一、手ブレーキの解除漏れが発生すると、車両の引きずりなどの事象が発生する。

JR貨物、JR東日本コンサルタンツ株式会社は、KDDI株式会社協力のもと、貨物列車の安全性向上を目的に、IoTを活用した「手ブレーキ検知システム」を共同開発した。JR貨物は、同システムを約7,200両ある全てのコンテナ車へ2020年度下期から順次導入する。

同システムは、手ブレーキの状態を検知する通信装置が内蔵されたIoT端末をコンテナ車1両ごとに設置し、KDDIが提供するLPWA (LTE-M) を通じて、手ブレーキの状態データを自動的にサーバーに伝送する。伝送されたデータは、JR貨物の社内システムと連携し、列車番号と紐づくデータとなり、手ブレーキの状況を遠隔から確認できる。

これらの仕組みを活用することにより、貨物駅から列車を発車する前に、駅構内に設置したモニター画面や、機関車の運転台に設置したモニター画面で、列車に編成されているコンテナ車の手ブレーキが解除されていることを確認することができる。

また、万が一列車が駅を出発する際に、手ブレーキがかかったままのコンテナ車が連結されている場合、モニター画面に警告を表示することで運転士や担当社員にアラームを通知する。これにより、列車の出発前にコンテナ車の手ブレーキの解除漏れを撲滅し、安全の確保を図るという。

Previous

IIJとカウスメディア、農業IoTシステム向けの太陽光充電DIYキット「LoRaWANソーラー基地局DIYパッケージ」を販売開始

IDC、2019年国内エンタープライズインフラ市場は前年比4.1%増の7130億でベンダーシェア1位は富士通と発表

Next