グラモ、家電コントローラー『iRemocon』を 米最大手Icontrol社のスマートホーム・プラットフォームに対応

株式会社グラモ(以下、グラモ)は、グラモが開発・販売する『iRemocon Wi-Fi』がアイコントロール・ネットワークス(Icontrol Networks, Inc. 本社:米国カリフォルニア州、以下 Icontrol社)のIcontrol Touchstoneスマートホーム・プラットフォームに連携対応した、と発表した。

 

Icontrol社のインタラクティブなセキュリティとホームオートメーション・プラットホームは米CATV最大手のコムキャスト(Comcast)、タイムワーナー・ケーブル(Time Warner Cable)、コックス・コミュニケーションズ(Cox Communications)、CATVおよびカナダの携帯電話大手通信事業者であるロジャース・コミュニケーションズ(Rogers Communications)等を始め、日本ではイッツ・コミュニケーションズ株式会社が採用しているシステムだ。

Icontrol Touchstoneに対応した『iRemocon Wi-Fi』製品は日本国内において、イッツコムの提供する「インテリジェントホーム(intelligent HOME)※」の家電制御サービスとして2015年6月25日(木)に受付を開始し、今後、Icontrol Touchstoneを採用している海外事業者に対しても順次、営業展開をしていく。

Icontrol Touchstoneは、Icontrol社が開発するアプリケーション・システムであり、Icontrol Touchstoneと接続されたホームゲートウェイ(ホームコントローラ)を中心にIPカメラやドアセンサーなどの機器を統合的に制御することができるシステム。今回、『iRemocon Wi-Fi』をIcontrol Touchstoneに対応することにより、Touchstoneの操作画面から『iRemocon』を操作することが可能となる。

『iRemocon』は、今話題のIoT(Internet of Things)を手軽に実現できる機器として注目されている。
グラモは、今後も、家庭用電化製品のコントロールという分野で、「既存の制約に縛られることなく、誰でも簡単に。もっと自由で便利な生活のご提供」を目指して様々な製品・サービス開発を行っていく。

※イッツ・コミュニケーションズ( http://www.itscom.jp/ )が2015年2月から提供する、インターネット経由で外出先から家の中をスマートフォンやタブレットなどで確認・管理することができるシステム。お客さまの目的に合わせて複数のデバイス(モーションセンサー、IPカメラ、家電コントローラー(『iRemocon Wi-Fi』)、電子錠(8月提供開始予定)など)を自由にカスタマイズでき、お子さまやペットの見守り、家の防犯対策などの「安心・快適な」暮らしを提案するサービス。( http://www.itscom.net/special/ih/ )

 

【Icontrol Networks, Inc.について】 http://www.icontrol.com
Icontrol社は独自のソフトウェア プラットフォームによってホームオートメーションサービスを実現してきた。このプラットフォームは数多くのホームセキュリティを手掛ける企業やサービスプロバイダに採用されている。Icontrol社は草分け的なコミュニティである、OpenHome(TM)開発プログラムを通じ、アプリケーションやデバイスメーカーへの共通プラットフォームとして、先進的なホームオートメーションサービスを追求していく。

【『iRemocon』とは】
『iRemocon』に家電のリモコン信号を学習させることによって、自宅や外出先からスマートフォン(iPhone/Android)で様々な家電をコントロールすることができる家電製品。
発売以来、一般のユーザーだけでなく、スマホを利用して手軽にホームオートメーションが実現できる機器として、マンションデベロッパーやハウスメーカー等が販売する部屋に標準採用されるなど、建設業界、省エネ業界からも注目を集めている。

■関連情報
・『iRemocon』サイト
http://i-remocon.com/

■会社概要
社名  : 株式会社グラモ(Glamo Inc.)
所在地 : 〒170-8630 東京都豊島区東池袋3-1-4
サンシャインシティ文化会館6階
代表者 : 代表取締役社長 後藤 功
設立  : 2011年(平成23年)2月2日
事業内容: 『iRemocon』関連事業、SI事業、ライセンス事業
URL   : http://www.glamo.co.jp/

■『iRemocon』に関するお問い合わせ
以下のURLからお問い合わせください。
http://i-remocon.com/contacts/

Previous

IDC 世界ウェアラブル市場予測 2015年は173.3%増

日本電産と日本IBM IoTに関する共同の取組み開始

Next