DJI、ユーザーのためのドローン機体保険を提供開始

DJI JAPAN株式会社は、万一の衝突や落下などによる機体自体の損傷事故に備えるドローン機体保険「動産総合保険」を三井住友海上火災保険株式会社と提携し、本日3月24日より発売を開始した。(取扱代理店:エアロエントリー株式会社)

現在、DJI JAPANでは賠償事故に備える「ドローン無償付帯賠償責任保険」(対象機体:Phantom 3シリーズ、Phantom 4、Matrice 100)および「ドローン賠償責任保険」(対象機体:すべてのDJI機体)のサービスを提供している。今回、提供を開始するドローン機体保険「動産総合保険」は、操作ミスや突風に煽られ機体が損傷した際に発生する修理費用や、機体が盗難に遭うなど買替費用が発生するリスクに備えるものだ。

 

ドローン機体保険「動産総合保険」の特徴

ユーザーのニーズに合わせた3つのプラン

機体の修理費用、買替費用、捜索・回収費用を補償する基本補償に加え、オプション補償として、事故の際に臨時の出費にあてる臨時費用保険金や、代替機を賃借する費用を補償する代替機賃借費用保険金が用意されている。

DJI、ユーザーのためのドローン機体保険を提供開始
【プランA】基本補償のみにして保険料を抑えたエコノミープラン
【プランB】基本補償+臨時費用保険金のスタンダードプラン
【プランC】基本補償+臨時費用保険金+代替機賃借費用保険金のワイドプラン

また、すべてのプランに新価特約が付帯されており事故の際は新価で補償。但し、復旧を行わなかった場合は時価での補償になる。

加入しやすい保険料

DJI JAPANを契約者(補償を受けられる方は加入者)とする明細付契約制度にすることでスケールメリットを活かした加入しやすい保険料水準を実現している。

※ ドローン機体保険の詳細および対象機体については、取扱代理店エアロエントリー株式会社のウェブサイトを確認。

 

【関連リンク】
ディー・ジェイ・アイ(DJI/大疆创新科技)
三井住友海上(Mitsui Sumitomo Insurance)
エアロエントリー(AEROENTRY)

Previous

サムスン、 円形ディスプレイとサークルUXを搭載したウェアラブル端末「Gear S2 classic」のプレミアムモデル2色が発売

リクルート住まいカンパニーとリクルートテクノロジーズ、独自開発の会話エンジン「TAISHI」を業務活用し、スーモカウンターWebサイトにAiアドバイザー「スミヨ」設置

Next