シャープなど、自動販売機能搭載「スマートバス停」の実証実験を開始

シャープマーケティングジャパン株式会社と西鉄バス北九州株式会社、西鉄エム・テック株式会社、株式会社スピナ、株式会社YE DIGITALは共同で、自動販売機能および32V型液晶タッチディスプレイを搭載した「スマートバス停」の実証実験を、福岡県北九州市にて6月26日より開始した。

同実証実験では、シャープの飲食店向けセルフ注文機(※1)ベースに開発したスマートバス停の試作機を、北九州市内の砂津バスセンターに設置する。スマートバス停には自動販売機の機能を搭載しており、地元銘菓「くろがね堅パン」(※2)を販売する。

タッチパネルによる簡単操作で購入できるほか、購入者は機械上部に搭載のカメラで、小倉城や西鉄バスなどのオリジナルフレーム付き記念写真の撮影も可能だ。また、32V型液晶タッチディスプレイには時刻表や路線図のほか、地元のおすすめスポットやグルメ情報なども表示する。

同実証実験を通じて、バス停における物販や大型ディスプレイを活用した情報発信の訴求効果などを検証していく。

なお、同実証実験における各社の役割は以下の通り。

  • シャープマーケティングジャパン株式会社:スマートバス停試作機の開発、設置および保守メンテナンス
  • 西鉄バス北九州株式会社:路線バスの運行
  • 西鉄エム・テック株式会社:バス停運営および保守
  • 株式会社スピナ:くろがね堅パンの製造
  • 株式会社YE DIGITAL:デジタル表示システムの開発

※1 セルフ注文機:フードコートなどの飲食店において、タッチパネルの操作で料理の注文や精算ができる端末。本機に搭載の呼び出しブザーを排出する機構を、自動販売機能に応用している。
※2 くろがね堅パン:大正時代に官営八幡製鐵所(当時)で生まれたお菓子。保存性を高めるために水分を極力抑えたことで、まるで「くろがね(鉄)」のように堅いパンとなったことから、くろがね堅パンと呼ばれている。

Previous

都築電気とイシダ、「AIによる部分肉認識システム」に関する発明を共同出願

日立、幸福度計測技術を事業化して企業マネジメントや新たな産業創生を目指す新会社「株式会社ハピネスプラネット」を設立

Next