オルツ・オルツテクノロジーズ・NSW、AIを活用した感染症拡大防止ソリューションを提供開始

新型コロナウイルス感染症をきっかけに、企業は急激な社会環境の変化に対応するだけでなく、withコロナ時代に向けた早期の取り組みも求められている。

株式会社オルツと株式会社オルツテクノロジーズ、日本システムウエア株式会社(以下、NSW)は、AIを活用した動画分析により、マスク着用の有無やソーシャルディスタンス確保を支援する感染症拡大防止ソリューションの提供を2020年6月30日より開始した。

同ソリューションは、オルツの提供するマルチモーダルAIアルゴリズムを、NSWのAIソリューション「Toami Visionシリーズ」に組み込み、感染症の拡大防止を支援するAIソリューションである。

ネットワークカメラやサーマルカメラで撮影した動画に対し、適したAIアルゴリズムを利用することで、感染症拡大防止に役立つ以下の4つの機能が使用できる。

  1. マスク着用確認AI
  2. 熱感知AI
  3. マスク着用/非着用時人物認識AI
  4. ソーシャルディスタンス検知AI

マスク着用人物時認識AIは下記の動画のように判定を行う。

オルツ AIカメラソリューション(マスク着用人物特定)
Previous

IDC、24年末までの国内5Gネットワークインフラストラクチャ市場は年間平均成長率54.6%で成長と予測

バカンと東京建物、IoTを活用してトイレ個室内に広告配信するサービスの実証実験を開始

Next