ダイドードリンコとNEC、自動販売機での顔認証決済サービスの実証実験を開始

ダイドードリンコでは、国内飲料事業における売上の8割以上を自動販売機(以下、自販機)チャネルが占めるなど、自販機網を主力チャネルとして事業活動を展開している。

そのような中、ダイドードリンコ株式会社は、日本電気株式会社(以下、NEC)の顔認証技術を活用して、自販機で顔認証による購入が可能となる「顔認証決済自販機」の実証実験を7月3日より約3か月実施する。

今回、NECの顔認証技術を活用して自販機に顔認証決済サービスを導入し、手ぶらで飲料を購入できる仕組みを実現した。利用者は、スマートフォンやタブレット等の端末を用いて事前に顔画像やクレジットカード情報、パスコードを登録することで、自販機で購入時に顔とパスコードの2要素認証により、簡単かつセキュアに決済が可能となる。ダイドードリンコとNEC、自動販売機での顔認証決済サービスの実証実験を開始

顔認証決済サービスによる飲料購入が可能になることで、オフィスや工場等において財布やスマートフォン等を持ち歩かずに済む「便利」さや「快適な環境」の実現が期待できる。

Previous

大阪ガスなど、自営等BWAシステムを活用した製造所の現場業務効率化に向けたDX推進を開始

IoT人気記事ランキング|日立が幸度計測技術を事業化した新会社を設立など[6/29-7/5]

Next