ぷらっとホームと慶應義塾大学、IoTデータ交換の標準的なプロトコル策定に関する共同研究を開始

IoTの分野では近い将来、各種デバイスにより取得された様々なデータ交換が行われることが想定されている中、そのやりとりを制御するプロトコルには標準的なものがなく、各種データ交換を自由に安全、かつスムーズに行う上で、ハードルになると想定されている。

ぷらっとホーム株式会社と慶應義塾大学 SFC研究所は、「サイバーフィジカルワールドを実現させるためのプロトコル研究」を開始した。

共同研究にあたっては、IoTを扱うデバイスアセットトークンを含む、標準的なプロトコルを策定することを目標としている。また、それらが今後のIoTの普及促進に寄与することを目指している。

Previous

ジェネシス、Android搭載ARスマートグラスを活用したソリューション受託開発を開始

NSW、無線通信技術と電子ペーパーを活用して店舗づくりをサポートする「電子棚札ソリューション」を販売開始

Next