MoTとオリエンタルコンサルタンツ、「DRIVE CHART」を活用した交通事故削減や渋滞解消事業で業務提携を締結

株式会社Mobility Technologies(以下、MoT)と道路インフラの計画や設計を行う株式会社オリエンタルコンサルタンツは、MoTが展開する交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART」のデータを活用し、ドライバーと道路インフラの両面から交通事故対策や渋滞対策などの課題解決を行うことについて業務提携契約を締結した。

DRIVE CHARTは、走行距離の長いトラックや、街を縦横無尽に走行するタクシーなど、走行時間の長いプロの現場で用いる交通事故削減支援サービスである。現在契約車両は関東・中京・京阪神エリアを中心に全国に広がっている。

同サービスは、ドライブレコーダーをベースとした専用車載器から得られる各種データから、交通事故に繋がる可能性の高い危険シーンを自動検知し、ドライバーの運転傾向を分析する。これにより、一時不停止など自身では認識しにくい危険運転を可視化し、ドライバー自身はもとより、運行管理者による一括管理を実現することができる。また、個別最適化された運転改善方法を提案することによって交通事故削減の効果が期待できる。

車両の走行データや速度・加速度等の挙動データに加えて、危険事象発生時の走行映像を分析することで事故要因を具体に特定することが出来る。さらに、具体的かつ効果的な要因分析が出来るため、交通事故や渋滞の実態に即した対策を立案することが出来る。

今回の業務提携で同サービスを活用することで、幹線道路や主要な交差点を通過時の映像から、自動車と自転車との交錯や歩行者の乱横断等の危険事象を把握し、自動車、自転車、歩行者が安全に利用できる道路づくりに貢献する。

また、渋滞箇所を通過時の映像を分析することで、沿道施設利用や駐車車両、交差点部での右折滞留長の不足等の渋滞要因を分析し、効果的な渋滞対策を立案するほか、通学路等の生活道路を通行する時の映像や一時不停止状況のデータから、ヒヤリハット発生箇所を把握し、効果的な安全対策を立案する。

Previous

ソニー・東京大学ほか3社、IoA社会基盤の具現化に向けて「ヒューマンオーグメンテーション社会連携講座」を開始

新コスモス電機とエンコアード、スマートホームサービス対応のガス警報器「快適ウォッチSMART」を発売

Next