フジクラが薄型色素増感太陽電池モジュールパネルのラインナップを拡充、様々なIoT端末の電池交換レスを実現

近年、スマート工場、スマート農業、インフラ監視など様々なフィールドで、IoTセンシングを活用した効率化や自動化の取り組みが活発に行われている。それに応じて、IoTセンサ端末が設置される場所や環境も多種多様な広がりを見せており、様々な種類の端末開発が進んでいる。またその駆動電源として、設置・維持コストや環境負荷の低減を実現できる太陽電池の採用も広がってきている。

株式会社フジクラでは、室内光でも効率的に発電可能な薄型色素増感太陽電池(DSSC:Dye-Sensitized Solar Cell)モジュールパネルを製品化している。昨今のIoTセンサ端末の活用シーンの広がりや端末サイズの多様化にあわせ、そこに用いられる太陽電池にもより多様な形状・サイズが求められるようになった。

そしてこのほど、フジクラはDSSCモジュールパネルのラインアップを拡充し、販売を開始した。これにより、筐体への搭載設計が容易となり、機器のデザインや活用シーンの選択肢が増えた。

また、DSSCモジュールパネルの提供に加えてDSSC電源化に必要な電気回路の設計サポートも提供している。これにより、利用者の製品における電源面での課題解決と開発期間の短縮に貢献する。

Previous

シャープ、AIoTプラットフォームを活用したスマートオフィスサービス「COCORO OFFICE」を提供開始

ドコモ、「製造業受発注マッチングプラットフォーム」のトライアルサービスを開始

Next