第一生命と富士通、AIが顧客の意向に基づいて保障プランを提示する「AI保障設計レコメンドシステム」を開発

第一生命保険株式会社(以下、第一生命)と富士通株式会社は、保障設計予測モデルを構築し、AIが顧客の意向に基づいて保障プランを提示する「AI保障設計レコメンドシステム」を開発した。第一生命において2020年4月に同システムの全国展開を開始し、7月3日に第一生命から単独特許を出願した。

同システムは、第一生命の生涯設計デザイナーが過去に作成した約1,700万件もの保障設計データをAIが機械学習することで保障設計予測モデルを構築し、顧客の家族情報や現在加入中の契約情報、重視したい保障内容や保険料の予算などの意向をインプットすることで、「3大疾病等重視プラン」「死亡重視プラン」「病気・ケガ重視プラン」等の保障プランを自動作成し、営業員用端末DL PadⅡの画面上にレコメンド表示する。

3つのプランを比較表示しながら各保障の種類や特徴を案内することで、顧客が自身のニーズを従来以上に認識しやすくなるため、レコメンドされた3つのプランを基に、生涯設計デザイナーがより顧客一人ひとりの意向に沿った保障プランの提案が可能となる。

第一生命と富士通、AIが顧客の意向に基づいて保障プランを提示する「AI保障設計レコメンドシステム」を開発
ニーズ入力画面イメージ
第一生命と富士通、AIが顧客の意向に基づいて保障プランを提示する「AI保障設計レコメンドシステム」を開発
「AI保障設計レコメンドシステム」画面イメージ
また、今回の同システムの提供にあたり、年間約1,700万件の保障設計データを活用して独自のAI学習モデルを開発した。同AI学習モデルは、生涯設計デザイナーのノウハウを定量的に評価し、ひな型となるモデルを定義、過去の成約状況から妥当性や有効性を検証するサイクルを繰り返す手法で構築した。

同AIモデルは、一般的なインプットからアウトプットまでがブラックボックス化するAIモデルとは異なり、モデル化した生涯設計デザイナーのノウハウと、保障プランの生成および評価を実施する複数のAIモデルを組み合わせて構成した。これにより、作成された保障プランにおける説明性や、商品改定に伴うAIモデルのメンテナンス性において優位な特性を実現した。

生涯設計デザイナーは1日の業務時間において保障プランの作成に約1~2時間の時間を要しているが、同システムを導入することで1日あたり約30分・年間約120時間の短縮を見込んでいる。

さらに、生涯設計デザイナーが行っている保険提案のプロセス(1顧客ニーズ確認ステップと2具体的提案ステップで構成)をAIがアシストすることで、入社が間もない生涯設計デザイナーを中心としたコンサルティング力の高度化・品質の均質化を実現する。加えて、複数のプランを比較表示できるため、より意向に沿ったプランを選択しやすくなり、顧客満足度の向上につながる。

今後はオンラインでのコンサルティングも可能とするなど、顧客の意向に応じた案内が可能となるようデジタル技術の活用を促進していく。

プレスリリース提供:富士通

Previous

東レとNEC、製品の品質検査情報をサプライチェーンで共有する品質データ基盤を構築

パナソニック、AIプロセッサーを搭載した「EXTREMEシリーズ 4K AIネットワークカメラ」2機種を販売開始

Next