ウェザーニューズ、15時間先までの雨雲の動きを250mメッシュ/10分間隔で確認できる新雨雲レーダーを提供開始

株式会社ウェザーニューズは、台風やゲリラ豪雨対策として、15時間先までの雨雲の動きを250mメッシュ/10分間隔で確認できる新たな雨雲レーダーを「ウェザーニュース」アプリの「雨雲レーダーCh. Zoomモード」にて提供開始した。

今回提供を開始した雨雲レーダーでは、従来1~5kmメッシュ/1時間間隔でしか見ることができなかった雨雲の動きを250mメッシュ/10分間隔で見られるようになった。また、250mメッシュ/10分間隔の解像度を保ちつつ、雨予報の対象時間が従来の3時間から15時間に延長した。

この新しい雨雲レーダーを実現したのが、HPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)を導入した独自の気象予測モデルと、雨雲レーダーのために新開発したAI技術だ。

HPCの導入によりレーダー画像の時間解像度を1時間間隔から10分間隔へ、さらにAIが過去数年分の独自の気象モデルの予測結果と雨雲レーダーの実況画像を学習したことで、5kmメッシュ→250mメッシュのダウンスケーリングに成功した。独自の気象予測モデルの予測結果を用いているため、新たな雨雲の発生や雨雲の発達・衰弱、地形による効果も加味した雨雲の動きを確認することができる。

15時間先までの雨雲の動きを、90枚以上のレーダー画像で表現することで、従来の3時間以降の雨雲レーダーの画像が時空間解像度が粗くなることで急にボヤけて見えてしまうユーザーの悩みを解決し、雨の降り出しや降り止み、降り方の強弱などの詳細な変化がより直感的にわかりやすくなった。
ウェザーニューズ、15時間先までの雨雲の動きを250mメッシュ/10分間隔で確認できる新雨雲レーダーを提供開始

ウェザーニューズ、15時間先までの雨雲の動きを250mメッシュ/10分間隔で確認できる新雨雲レーダーを提供開始
なお、新しい「雨雲レーダーCh. Zoomモード」は、「ウェザーニュース」アプリの全画面に設けた、最下部のボタン(タブバー)のレーダーアイコンから利用できる。

Previous

INDUSTRIAL-X、DX実現のための経営資源調達をワンストップで支援する「Resource Cloud」を提供開始

フレクトとJIG-SAW、リモートワークを推進する「IoTリモートコントロールパッケージ for Customer Service」を提供開始

Next