Nature、スマートフォン専用アプリから家電を一括操作・管理できるスマートリモコン「Nature Remo 3」を販売開始

Nature株式会社が提供するスマートリモコン「Nature Remo」は、スマートフォン専用アプリから家電を一括操作・管理できるスマートリモコンである。スマートスピーカーと連携させると、声で家電を操作することもできる。また、時刻、アプリのGPS機能、搭載された環境センサー(温度・湿度、照度、人感)を利用し、オートメーションを設定することで家電を自動で操作することが可能だ。

今般、Nature株式会社はNature Remoの3世代目である「Nature Remo 3rd Generation」を直販サイト、Amazonで販売開始した。また、現行モデルのNature Remoを税込9980円から8980円に改定した。

Nature Remo 3は、Bluetooth Low Energy(以下:BLE)搭載で、初期設定がシンプルかつ軽量・小型化を実現した。また、各種センサーの精度が向上し、「タイマー」「GPS」「温度・湿度」「照度」「人感」など様々な機能の組み合わせにより「部屋に入ったら自動で照明やテレビをONにする」などライフスタイルに合わせた家電の自動操作が可能となる。

さらに、株式会社ロビットが提供するめざましカーテン 「mornin’ plus」との連携により、Nature Remo 3のオートメーション機能を使ったカーテンの自動開閉やスマートスピーカーとの接続で、声でカーテンの開閉が行えるようになった。連携機器については、今後順次追加予定としている。

加えて、対象家電のある部屋にNature Remoをあらかじめ設置してスマートフォンアプリの設定を済ませておくと、戸外からでも家電の電源や動作を操作ができる。メーカーや型番・年式などに関係なく、古いエアコンやテレビなど旧式の家電でも使用可能だ。
スマートフォン専用アプリから家電を一括操作・管理できる

Previous

凸版印刷、メール等の調達業務をクラウドで一元化できる企業間調達支援プラットフォーム「SDNECT」を販売開始

IDC、2020年の企業におけるデータ分析の活用状況は前年比7.0ポイント増加と発表

Next