三井情報、自社で運用する基幹システムをSaaSへ移行

昨今、国内企業は経済産業省が発表した「2025年の崖」に向けたDXに取り組んでいるが、半数を超える企業が自社の持つ複雑化したレガシーシステム(※1)をDXの足枷に感じているというデータもある。政府が公表した「クラウド・バイ・デフォルト原則」をきっかけに、国内ではクラウドサービスの利用に主軸を置いたITモダナイゼーション(※2)が進められている。

三井情報株式会社は、SAPジャパン株式会社の次世代クラウドERPである「SAP S/4HANA Cloud(マルチテナント型)」と株式会社セールスフォース・ドットコムが提供する営業支援サービス「Salesforce Sales Cloud」を連携した新基幹システムの稼働を7月より開始した。

新基幹システムではSAPが提唱する「Fit to Standard」手法を用いたBPR(Business Process Re-Engineering)で個社機能を排除し、システムが複雑化し再レガシー化(※3)しない仕組みを取り入れた。

また、取り扱う製品・サービスも幅広いことから、異なる業務プロセスが混在していた営業管理をSalesforce Sales CloudにまとめSAP S/4HANA Cloudと連携させることで、営業部門ではSalesforce Sales Cloudへの入力のみで複数システムへの入力が完了する「シングルインプット/マルチアウトプット」を実現した。

新基幹システムは全てSaaS(Software as a Service)を採用し、すでにサービス利用している他の社内システムとも連携している。三井情報は社内システム強化を通じて、今後DXで企業価値向上に取り組む国内企業のクラウドへの移行を積極的に支援していく。

※1 レガシーシステム:技術面の老朽化、システムの肥大化・複雑化、ブラックボックス化したシステム。
※2 ITモダナイゼーション: 社内のシステム環境を最新技術に対応させ、近代化を図ること。
※3 再レガシー化:システムの不十分なマネジメントにより、再びシステムがブラックボックス化すること。

Previous

ソフトバンクロボティクス、人型ロボット「Pepper」を活用した遠隔接客の実証実験をビックカメラにて実施

SENSYと三菱商事、小売向けAIソリューションの共同開発・展開に向けて資本業務提携

Next