ソフトバンクロボティクス、人型ロボット「Pepper」を活用した遠隔接客の実証実験をビックカメラにて実施

ソフトバンクロボティクス株式会社は、2020年7月からビックカメラのGoogleコーナーにおいて、人型ロボット「Pepper」を活用した商品紹介やクーポン発券などの非対面接客を実施してきた。その結果、コーナーの前を通る方の2割以上が足を止めて、Pepperの接客を受けることがわかった。

これを受けて、ソフトバンクロボティクスはPepperを活用した遠隔接客の実証実験を、2020年8月17日から9月22日まで東京都内のビックカメラ3店舗のGoogleコーナーで実施する。

同実証実験では、PepperによるGoogle商品(Google Nest Hub、Google Nest Hub Max、Google Nest Mini)の紹介やデモンストレーション、Pepperをオペレーターが遠隔操作して客のニーズに応える機能を追加し、人と接触せずにPepperだけで商品紹介からクロージングまでを行う。遠隔での接客には、法人向けの「Pepper for Biz 3.0」で標準提供している「遠隔応答」を利用する。

Previous

KDDI、ニューノーマル時代のライブハウスに遠隔でAR演出可能なライブ配信システムを導入開始

三井情報、自社で運用する基幹システムをSaaSへ移行

Next