ぷらっとホーム、OpenBlocks IoTシリーズにてIoTデータ流通基盤「DEXPF」の公式サポートを開始

ぷらっとホーム株式会社は、マイクロサーバー「OpenBlocks IoTシリーズ」にて、IoTデータ流通基盤である「DEXPF」の公式サポートを開始した。

DEXPFはクロスドメインのIoTデータ流通基盤である。一般的なIoTシステムは、シングルドメイン型(サイロ型)の設計でありデバイスとデータを直接管理するため、各プラットフォームやサービス間をまたがってデバイスやクラウドを利用することができない。DEXPFは、IoTにおける各サービスやプラットフォーム間のプロトコルや手順の違いを吸収し、デバイスからクラウド、クラウド間ノデータ連携・利活用を自由に行える。

ぷらっとホーム、OpenBlocks IoTシリーズにてIoTデータ流通基盤「DEXPF」の公式サポートを開始
DEXPFイメージ図
OpenBlocks IoTシリーズがIoTデータ流通基盤のDEXPFを公式にサポートすることにより、都市IoTなどの大規模システムで不可欠となる、複数のドメインを横断したIoTデータの利活用が可能となる。都市・ビル・交通・物流・生活などの各領域で、従来難しかった複数のサービスをまたがって所有権や管理者の異なるIoT機器のデータを利用するシステム構築が可能となる。
ぷらっとホーム、OpenBlocks IoTシリーズにてIoTデータ流通基盤「DEXPF」の公式サポートを開始
DEXPFにはトライアルサービスとコマーシャルサービスの2つのプランが用意されており、詳細は以下の通り。

     トライアルサービス コマーシャルサービス
価格 無料 有料(個別見積もり)
期間 3か月 個別設定
アカウント 2アカウント 無制限
接続可能デバイス数 10デバイス/1アカウント 無制限
利用可能アプリケーション数 2アプリケーション/1アカウント 無制限
DEXPF環境 共用DEXPF環境 専用DEXPF環境
Previous

OKIと中央大学、AIの社会実装とAI人財の育成に向けて「AI・データサイエンス社会実装ラボ」を設立

Fractaと栗田工業、水処理におけるDXとAI・IoT製品の共同開発プロジェクト「メタ・アクアプロジェクト」を発足

Next