Fractaと栗田工業、水処理におけるDXとAI・IoT製品の共同開発プロジェクト「メタ・アクアプロジェクト」を発足

米国AIベンチャー企業Fractaと水処理事業を展開する栗田工業株式会社は、水処理におけるDXとAI・IoT製品の開発を行う「メタ・アクアプロジェクト」を発足した。同プロジェクトの推進と派生する製品開発を目的として、Fractaはデジタル技術を専業とするFracta Leap株式会社を設立した。

同プロジェクトでは、栗田工業が保有する水処理の技術・ノウハウとFractaのAI技術・ノウハウを融合し、水処理におけるデジタルソリューションの構築を目指す。機械学習・シミュレーション技術などを駆使することで、水処理設備とその運転管理における効率化・スマート化を実現する。併せて、機械学習による設計の自動化などにも取り組み、栗田工業の水処理設備に関わる生産業務の効率化に貢献する。

他方、Fracta LeapにはFractaから選抜された技術者陣が参画する。Fracta Leapでは取り組みをさらに加速させるため、データサイエンティスト、ソフトウェアエンジニア、UI/UXデザイナーなどを積極的に募集・採用しており、数年以内に30-40名程度の体制を構築する予定とした。

Previous

ぷらっとホーム、OpenBlocks IoTシリーズにてIoTデータ流通基盤「DEXPF」の公式サポートを開始

IDC、データエコシステム事業者には流通データを最大化しようとする等の3つの傾向があると発表

Next