MONET、「MONET MaaSコンバージョン」の第1弾として「マルチタスク車両」と「パーソナルベンチレーションキット」を開発

MONET Technologies株式会社(以下、MONET)は、MaaS向けの架装車両や架装キットを提供する「MONET MaaSコンバージョン」の第1弾として、「マルチタスク車両」と「パーソナルベンチレーションキット」の2種類を開発し、2020年8月27日から企業と自治体を対象に受注を開始した。

マルチタスク車両

マルチタスク車両のイメージ
マルチタスク車両のイメージ
「マルチタスク車両」は、複数のレールを活用した専用フロア構造により、後席の取り外しや移動、テーブルの設置などを、工具を使わずに自由に行える架装車両である。テーブルの設置は駐車場に停止時のみ使用できる。

電源や照明、テーブル、モニターなどを装備しているため、オンデマンドバスとしての活用だけではなく、移動先での商談スペースやオフィスとしての利用、物販や行政サービスの提供など、さまざまな用途で活用することができるとしている。

車内のレイアウトを変更することで、1台の車両を曜日や時間帯によって使い分けることも可能だ。

パーソナルベンチレーションキット

パーソナルベンチレーションキットのイメージ
パーソナルベンチレーションキットのイメージ
「パーソナルベンチレーションキット」は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて開発した、車内での乗客のパーソナルスペースの確保と換気に配慮した架装キットである。ただし、新型コロナウイルス感染症などの感染防止策としての効果を保証するものではない。主に地域のオンデマンドバスや通院・通勤シャトルバス、旅館の送迎車などへの架装を想定しているという。

座席間に隔壁やカーテンなどを設置することで、パーソナルな空間をつくり、ドライバーや乗客同士の接触を極力少なくしている。また、MONETが独自に開発した強制換気の仕組みにより、各後席の天井から外気を取り入れ、後方へ流して排気することで、常に新鮮な空気に入れ替えられる。

Previous

IDC、2019年~2024年の国内データセンターサービス市場の年間平均成長率は9.1%と高い成長率が維持されると予測

ウェザーニューズ、土砂災害や河川氾濫の災害リスクを把握する「災害対策判断支援サービス」を提供開始

Next