OKI、非接触での画面操作を可能にする「ハイジニック タッチパネル」を開発

新型コロナウイルスの影響により、衛生面に対する意識が高まっている。人と人との接触を少なくするため、セルフサービス端末による非対面取引の利用が拡大する中、不特定多数の利用者が触れる端末操作においてはより一層の感染予防策が求められている。

沖電気工業株式会社(以下、OKI)は、ニューノーマルを見据えたセルフサービス端末操作における感染予防策の一環として、画面に触れることなくタッチパネルを操作することを可能にする「ハイジニック タッチパネル」を開発した。

ハイジニック タッチパネルは、OKIのセンシング技術を活用して、従来の画面に指を触れていたタッチパネル操作を非接触で行うことができる。端末の操作画面に実装した特殊なタッチセンサーにより、利用者は画面の数cm上に指をかざすことで操作ができるため、画面に触れずに取引を行うことが可能となる。また、利用者が誤って画面に触ってしまった場合への対策として、操作画面に抗菌フィルムを貼り付けることも可能だ。

なお、羽田空港においてハイジニック タッチパネルを搭載した自動チェックイン機の試行を8月24日から9月15日まで実施している。

OKI、非接触での画面操作を可能にする「ハイジニック タッチパネル」を開発
自動チェックイン機での試行
Previous

NTT Com、タッチレスな入退室などを可能にするデジタル社員証「Smart Me」を提供開始

IDC、2020年の国内ICT市場の支出額は前年比4.3%減となるが2021年には1.2%増で回復すると予測

Next