クオリカ、グローバルで利用可能な防水防塵IoT端末を新発売

ITホールディングスグループのクオリカ株式会社は、産業機械の稼働状況データを収集できる防水防塵対応の新型情報収集端末(CQ13-SG-01)を2016年4月より販売すると発表した。

新型情報収集端末(CQ13-SG-01)はCAN・RS-485・LANなどの多様なインターフェースに対応するとともに、端末の保護構造についてはIP65相当の防水防塵性能を有しており、使用温度-20℃~+70℃、幅広い動作電圧(DC 10V~30V)への対応、更に優れた耐衝撃性及び耐振動性も有するなど、産業機械の様々な環境に適合する。

 

IoTを活用した産業機械の予防保全(異常の兆しを見つけ予定外の機械停止を低減させる仕組み)の市場ニーズは高まっている。

クオリカでは遠隔監視・予防保全システム「CareQube」を核としたソリューションを提供しており、情報収集端末を産業機械に装着することで機械毎の稼働データの収集を可能とし、携帯通信網で専用サーバへ自動転送を行うことによって遠隔で稼働状況を監視するシステムの構築を実現させるという。

 

情報収集端末の特徴

・IP65相当の防水防塵性能を有し、様々な環境に対応
・産業機械との多様なインターフェースを有しており接続が容易
・小型/軽量化により設置場所を選ばない
・グローバルSIMを採用
・海外認証(CE、FCC)取得済み
・「CareQube」サーバへ自動的に接続するため(※1)、容易に遠隔監視・予防保全システムの構築が可能

※1 事前に「CareQube」の利用契約及び初期設定が必要。

製品概要仕様

型名 CQ13-SG-01
電源 DC10V~30V
使用温度 -20℃~+70℃
インターフェース RS-485×1ch、RS-232C×1ch
CAN×1ch、接点入力×4ch
接点出力×4ch、A/D入力×4ch
LAN×1ch、GPS×1ch
外部通信網 携帯通信網(グローバルSIM)
防水防塵対応 IP65相当
外形寸法 W155×D74×H41(mm)(突起部、ケーブル含まず)
材質 アルミダイキャスト
重量 610g
認証規格 TELEC、CE、FCC

 

販売展開

販売価格:オープン価格
販売ルート:車両メーカ、工作機械メーカ、プラント など

クオリカ、グローバルで利用可能な防水防塵IoT端末を新発売
遠隔監視・予防保全システム「CareQube」全体図

 

【関連リンク】
ITホールディングス(IT-HD)
クオリカ(QUALICA)

Previous

XYZプリンティングジャパン、教育向けロボット分野に参入、エデュテインメントロボット「XYZrobot Bolide(ボライド)」を発表

OKIエンジニアリング、EMC試験受託サービス事業を拡大

Next