[10/16] 〜製造業のAIは実用フェーズへ〜AIと対話しながら学習プロセスを全自動化するImpulse2.0ーブレインズテクノロジー(無料/ウェビナー)

PR

ブレインズテクノロジー株式会社が主催するセミナー「〜製造業のAIは実用フェーズへ 〜AIと対話しながら学習プロセスを全自動化!Impulse2.0 オンラインセミナー」が2020年10月16日(金)に開催される。

ImpulseがAI分析・運用のノウハウを搭載し大幅バージョンアップ

2014年に市場に先駆けサービス提供を開始した異常検知ソリューション「Impulse」は、製造業・建設業・IT のお客様を中心に、100社、12,000を超える機械学習のモデル運用を支えている。

AIの実用化にあたり「モデルの精度や解釈性、費用対効果、多様で複雑化するデータの分析ニーズ、既存システムへの組み込みやすさ、モデル運用の手軽さ、他の工場やラインへの展開のしやすさ、AI技術の伝承」等、要件が大変シビアな現場で「Impulse」は鍛え上げられてきた。

2020年9月、そのような現場ニーズを解決し、データアナリストがPoCを含め何百というデータ分析案件から習得したノウハウを詰め込んだバージョンを「Impulse 2.0」としてリリースした。

「Impulse 2.0」の主な新機能

・AutoML機能の強化(AIと対話しながら学習プロセスを全自動化)
・AI分析のノウハウ共有(学習モデルとパイプラインのノウハウ蓄積と最適化)
・プラットフォームの自由化(柔軟な利用形態と豊富なアプリケーション郡)

本セミナーでは、「Impulse 2.0」の機能詳細に加え、現場の人間がPoCからAI運用までの各フェーズで抱える課題、よくある分析テーマ、これからのAI活用をリードする先進的な取り組みを紹介する。

タイムテーブル

15:00〜15:50 brainstechnology011

 

 

 

ブレインズテクノロジー株式会社
取締役/技術責任者(CTO)
中澤 宣貴 氏

AIと対話しながら学習プロセスを全自動化!Impulse2.0 のご紹介
15:50〜16:00 質疑応答

開催概要

開催日時 2020年10月16日(金)15:00~16:00
※希望者はセミナー後もしくは後日、データ分析相談が可能
開催方法 オンライン開催(「Zoom」を利用したインターネット配信)
視聴方法 ウェビナー形式(視聴用URLは、申込みをされた方へ別途ご案内)
受講料 無料
対象
・自社のデジタル変革の役割を担っている方
・データ分析手法の1つとしてAIを手軽に取り入れたい方
・AI実用にあたりモデルの解釈性を高めたいとお考えの方
・今のAI分析プロセスを効率化させたいとお考えの方
・今のAIの取り組みを横展開していきたいとお考えの方
主催 ブレインズテクノロジー株式会社
※ITベンダーやシステム開発事業者、同業他社、個人は参加不可

 

お申込みはこちらブレインズテクノロジーのページに遷移します。

 

関連記事(2020年9月15日
製造業のAIは運用フェーズへ、現場が使いこなせる異常検知ソリューション「Impulse」の新機能 ―ブレインズテクノロジー 榎並氏、中澤氏インタビュー

Previous

ANAとLINKTIVITY、検索から予約・決済までシームレスに提供するMaaSの構築に向けて協業

KDDI、5Gのスタンドアローン構成でのエンド・ツー・エンドネットワークスライシングの実証実験に成功

Next