富士通、AIスコアリングプラットフォームサービス「Finplex EnsemBiz」を提供開始

金融業界では、FintechやAI活用などの最新技術を用いたDX推進が競争力向上に不可欠として積極活用が叫ばれる一方、特に高い信頼性や利便性が求められる金融サービスにおいては、実運用に踏み切るには時間を要している。特にAIにおいては、AIが導き出した結果の根拠がわからないことが経営や投資判断へのAI活用を阻む一因となっており、他にもAI人材の不足や大量の学習データの準備が課題に挙げられる。

富士通株式会社は、AIがスコアリング予測を行い、次の効果的なアクションを提示するAIスコアリングプラットフォームサービスを開発し、営業マーケティング、ローン審査、不正検知など金融業界の様々な業務を支援する「FUJITSU Finplex AIスコアリングプラットフォームサービス EnsemBiz」(以下、Finplex EnsemBiz)を提供開始する。詳しい特長は以下の通り。

AI技術「Wide Learning」により少数データでの予測と次のアクションを提示可能

同サービスは、株式会社富士通研究所が開発したAI技術「Wide Learning」(※)を組み込むことで、少ないデータでの予測と、次なるアクションの提示を可能にした。これにより、例えば営業マーケティング活動での効率的なアプローチ、ローン審査業務の効率化、不正請求や詐欺の検知によるリスク回避といった様々な業務に活用できる。

これまでは、人が担っていたために判断に差が出ていたこれらの業務について、同サービスにより各種判断の均質性を高める。さらに、AIによるスコアリング予測と次なるアクションについて、その根拠をわかりやすく提示することでAIのブラックボックス問題を解決し、AI活用のハードルを低減する。

根拠の明確化による予測結果の透明性確保

同サービスは、データの網羅的な組合せを列挙して分析することで予測を行う。予測結果に強い影響を与えたデータの組合せを根拠としてわかりやすく提示することで、人が理解でき納得性の高い結果を得ることができる。

例えば、見込み客への営業マーケティングでは、顧客属性や過去のコンタクト履歴などのデータの全ての組合せの中から商品を買う、買わないに影響を与えた組合せを抽出する。これにより、見込み客への効率的な営業アプローチを可能にし、さらに想定していなかったターゲット顧客の特徴の発見や理解につながる。

複数の行動プランの提案により意思決定をサポート

これまでのAI活用において、データサイエンティストが予測結果に基づき分析していた次にとるべきアクションをAIが自動で複数提案する。予測に用いるデータの中にアクション項目を入れて組合せと結果を分析することで、次なるアクションを提示することができる。

これにより、効果的かつ効率的なアプローチを選択して実施できるようになり、ビジネスや業務の意思決定をサポートし、分析の自動化により業務運用の負荷低減にもつながる。例えば、営業活動においては顧客ごとに複数のアクションとその成約率を提示することで、次に取るべきアクションを決める際のサポートとなり営業活動の効率化、ビジネス貢献を実現する。富士通、AIスコアリングプラットフォームサービス「Finplex EnsemBiz」を提供開始

手軽に利用開始可能

AIを活用する際に実施するデータクレンジングやデータ加工、大量のパラメータチューニングなどの作業は、一般的にデータサイエンティストが実施するが、同サービスはGUI操作で容易にデータを事前処理でき、BIツール「Tableau(※2)」と連携することで予測結果をグラフ表示できるため、専門知識がなくても手軽に利用できる。

また、データのすべての組合せから有効なものを選別して予測するため、少量データでもデータ中の特徴を導くことが可能だ。これにより、AI学習用に大量なデータを用意する必要がないため、新たな領域へのAI適用を推進する。富士通、AIスコアリングプラットフォームサービス「Finplex EnsemBiz」を提供開始

なお、Finplex EnsemBizにはパッケージによるオンプレミス型とSaaS型の提供形態があり、顧客に応じて導入支援や実証導入などを実施する。富士通、AIスコアリングプラットフォームサービス「Finplex EnsemBiz」を提供開始

富士通は販売目標として、2023年度末までにFinplex EnsemBizで売上10億円を目指す。

※1 Wide Learning:学習するデータの中から項目の組合せを抽出し、わかりやすい判断の根拠となる有用な仮説を提示する機械学習技術。説明可能なAI(Explainable AI)の一つ。
※2 Tableau:米国タブローソフトウェア社が提供するBI(Business Intelligence)に特化したインタラクティブなデータの視覚化ツール。

プレスリリース提供:富士通

Previous

電通・トヨタ・デルフィス、マーケティング変革とモビリティビジネス創造を目的とした新会社を発足

NTTデータとSnowflakeが資本業務提携、データ活用プラットフォームを強化して組織のデータドリブン化を加速

Next