ELYZA、自然言語処理領域における日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を開発

企業:

2012年、AI研究において深層学習を用いた手法が登場し、画像認識分野では2015年に「人間を超える」精度を実現した。それ以降、画像認識技術は、自動運転や顔認証、不良品検出など人間を代替するようなユースケースでの社会実装が進められ、現在では様々な分野において実用化が推進されている。

一方、自然言語処理分野ではこれまで「人間を超える」精度は実現されず、画像認識分野と比較しても社会実装に至る分野は限られていたが、2018年にGoogleから汎用言語モデル「BERT」が発表され、2019年には自然言語処理分野で「人間を超える」精度が実現するブレイクスルーが起きた。

こうした技術背景の中、株式会社ELYZAは、BERT以降の汎用言語モデルを活用した自然言語処理技術領域の日本語AIエンジン「ELYZA Brain」を開発した。

テキストを扱う様々な業務に適用可能であり、十分な学習データを準備することができれば「読む」「書く」「対話」を含む業務を高精度に支援するツールを実現可能だという。例えば法律領域では、契約書を「ELYZA Brain」に大量に学習させることで、当事者・契約期間等の基本情報やその他関心条項を自動で抽出するツールを開発することが期待できるという。

また、ELYZAは「ELYZA Brain」により将来実現し得る未来のユースケース「NLP30」を策定し、様々な分野で未踏の領域を実現するための活動を行っている。

「ELYZA Brain」の開発に伴い、高精度にテキストを扱うAIの開発により実現可能となった新しい働き方、サービスを実現するためのプログラムとして「パートナープログラムNLP30」を開始する。同プログラムは、ELYZAがAIアセットを提供する「逆求人型の事業共創プログラム」であり、各業界の企業パートナーを募集する。採択プロジェクトには検証フェーズの開発リソースを無償提供し、企業パートナーとともに未来のユースケースの実現に取り組むとしている。

Previous

パナソニックとOctasic、5G/Beyond 5Gに向けた共同開発に合意

富士通研究所、顔写真などによる他人へのなりすましを防止できる技術を開発

Next