KDDI、5Gのスタンドアローン構成でのエンド・ツー・エンドネットワークスライシングの実証実験に成功

KDDI株式会社で現在提供する5Gは、4Gと連携してサービスを実現するノンスタンドアローン構成で「超高速」「大容量」の通信を実現している。将来的に提供予定のスタンドアローン構成の5Gでは、利用目的ごとに異なる用途やニーズに合わせた通信機能の提供ができるエンド・ツー・エンドネットワークスライシングの導入が期待されている。

KDDIは、Samsung Electronics Co.,Ltd.(以下、サムスン電子)と協力し、5Gのスタンドアローン構成において、仮想的に5Gネットワークを分割し、利用者の用途やニーズに合わせた品質保証や低遅延などの複数の通信を同時にエンド・ツー・エンド で実現するネットワークスライシングの実証実験に成功した。

同実証実験は、O-RAN Allianceで規定されているコントローラであるRICを、あらかじめ定めた通信品質を提供する新たな制御機能として、実証実験用の基地局ネットワーク(以下、RAN)に実装した。

このRANと、スタンドアローン構成の5G対応の通信端末、5Gコアおよびマルチアクセスエッジコンピューティングを連携し、通信が混雑する状況においてもエンド・ツー・エンドで品質保証や低遅延などのネットワークスライスを複数・同時に生成することに成功したという。

Previous

[10/16] 〜製造業のAIは実用フェーズへ〜AIと対話しながら学習プロセスを全自動化するImpulse2.0ーブレインズテクノロジー(無料/ウェビナー)

IoT人気記事ランキング|製造業のAIは運用フェーズへ、現場が使いこなせる異常検知ソリューション「Impulse」の新機能 ―ブレインズテクノロジー 榎並氏、中澤氏インタビューなど[9/14-9/22]

Next