OKI・コニカミノルタ・丸紅、通行者の体表温度測定・マスク有無自動検知・顔認証を行うソリューションの試行運用を開始

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、オフィスや工場、空港、駅、公共施設、商業施設、工事現場、ホテルなどでは従業員や利用者の入退場時の健康チェックが実施され、withコロナ時代の新たな働き方や生活様式(ニューノーマル)として、こうした施策の継続的な運用が求められている。一方で、厳重な健康チェックの実施はこれを受ける側、行う側の双方にとって負荷となっている面もあり、感染症対策と運用負荷軽減の両立が喫緊の課題となっている。

沖電気工業株式会社(以下、OKI)、コニカミノルタ株式会社、丸紅株式会社の3社は、OKIのAIエッジコンピューター「AE2100」、コニカミノルタのグループ会社であるMOBOTIX AG(以下、MOBOTIX)の「MOBOTIXネットワークサーマルカメラ」および丸紅の子会社である丸紅ネットワークソリューションズ株式会社(以下、丸紅ネットワーク)のクラウド型AI映像監視サービス「TRASCOPE-AI」を連携し、オフィスや各種施設の入口などの通行者の体表温度測定・マスク有無自動検知・顔認証ソリューションの試行運用を2020年9月29日より開始する。

同ソリューションでは、MOBOTIXサーマルカメラを用いて対象者の体表温度測定を行うと同時に通常カメラでも映像を捉え、AE2100に搭載されたコニカミノルタ製マスク有無自動検知エンジンおよびSaffe製顔認証エンジンが解析を行う。

マスク有無自動検知エンジンは、コニカミノルタ独自の属性認識技術とディープラーニング技術で検知を行う。システム全体のインテグレーション・ソリューション化は丸紅ネットワークが担当し、解析された検知/認証結果はTRASCOPE-AI上で管理され、リアルタイムに確認を行うことが可能だ。

また、1台のMOBOTIXサーマルカメラで同時に複数人を認識し、それぞれの体表温度測定、マスク有無自動検知、顔認証を行うことが可能なため、複数人のチェックを実施する管理者の時間と手間を大幅に低減することが期待できる。

複数台のMOBOTIXサーマルカメラ/AE2100をTRASCOPE-AIで管理することも可能であり、大規模な利用環境への導入もサポートしている。なお、同ソリューションは自社システム環境での運用を希望する顧客向けにはオンプレミス(※)でも提供予定だ。

さらに、同ソリューションは解析結果が閾値を超えた対象者がいた場合、遠隔地の管理者へのメールなどによる即時アラーム通知や、顔認証機能を活用し社員データベースなどと連携した詳細な対象者把握のほか、表示灯などの外部機器との連携など、現地での無人運用を含む様々な運用ケースに対応可能とする多様な機能を実装する。

既存のシステムやサイネージなどと連携した運用を実現するための外部連携APIも具備しており、既存のロボットなどと連携し、アラームを検知した顧客へのマスク着用の呼びかけなどの自動化も可能だ。

同ソリューションの試行運用は、まずOKIが2020年9月29日に開催する「AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト(注7)」の会場入口に設置して実施される。来場者の体表温度測定およびマスク有無自動検知に用いることで、コンテスト会場における感染リスクの低減に活用する予定だ。

今後3社は、同ソリューションの販売開始に向けて実証実験を継続的に実施し、OKIは映像AIソリューション「AISION」商品、コニカミノルタはMOBOTIXサーマルカメラに付加する商品、丸紅は丸紅ネットワークを通じてTRASCOPE-AIサービスとして販売していくとした。

※ オンプレミス:サーバーなどの情報システム機器を使用者が管理する設備内に設置して運用すること。

Previous

ホンダ、法人企業向け二輪車用コネクテッドサービス 「Honda FLEET MANAGEMENT」を開始

パナソニック、IoT連携が可能なルームエアコン「エオリア」と加湿空気清浄機の新製品を発売

Next