KDDIと中部電力、変電所における現場業務の効率化とレジリエンスの強化に向けて5Gを活用した共同検証を開始

電力業界では、現場業務の安全確保や効率化、災害発生時の迅速な設備復旧などが課題となっている。

中部電力パワーグリッド株式会社では、改善施策の1つとして、変電所の現場業務において、ロボットによる遠隔監視や遠隔診断などの開発に取り組んできている。しかし、従来の無線によるロボットの遠隔操作はリアルタイム性に課題があり、大量かつ低遅延な情報伝送が必要である。

中部電力株式会社とKDDI株式会社は、変電所における現場業務の効率化とレジリエンスの強化に向け、5Gを活用した共同検証を2020年10月1日から開始する。

両社は、中部電力パワーグリッドの大高変電所と中部電力の研究所の2拠点に5G環境を構築し、変電所の実環境における5Gの通信性能の検証を行うとともに、ロボットや高精細カメラ、スマートグラスなどを用いた遠隔からの巡視や監視、作業支援などの実運用を見据えた検証を行うとしている。

具体的な取り組みとしては、以下の3点がある。

  1. 遠隔からの巡視ロボット運転操作
    現場業務の効率化や災害時の迅速な情報収集を目的に、中部電力と三菱電機株式会社で共同開発中の巡視ロボットの遠隔運転操作を行う。これにより、リアルタイム性が要求される遠隔からの運転操作の有用性を検証するとしている。
  2. 高精細カメラやスマートグラスによる遠隔監視・作業支援
    変電所の確認箇所を高精細カメラで撮影して遠隔監視を行う。これにより、高精細映像による遠隔監視の有用性を検証する。また、現場作業者が装着したスマートグラスの視界を遠隔にいる作業指示者に高精細映像で共有し、作業指示をリアルタイムにスマートグラスの画面上へ表示を行う。これにより、リアルタイム性が要求される遠隔からの作業支援の有用性を検証するとしている。
  3. MEC活用によるAI分析
    不審者の侵入監視や設備異常の早期検知、作業員の安全確認などを目的に、MECを活用し、カメラからのストリーム映像をAIで解析する。これにより、MEC活用によるAI分析の有用性を検証するとしている。
Previous

東急不動産とソフトバンク、テクノロジーでリアルの場を守る「東京ポートシティ竹芝」開業

IDC、国内IoT市場でソフトウェア/サービスの支出割合は2024年までに6割を超えると予測

Next